1: 2014-08-25 (Mon) 23:28:16 maruo source
Line 1: Line 1:
 +*撮影用のパラメータ [#s49efb63]
 +**露出系パラメータ [#d20c0020]
 +写真の撮影は、基本的にレンズから入った光をセンサーに当て、センサー上に記録された光情報を記録する事です。で、センサーも記録に適した光の量というのがあって、丁度いい光の量が当たるように制御してあげる必要があります。そのためのパラメータは以下。
 +
 +-シャッタースピード:普段シャッター幕に隠れているセンサーを光に当てている時間を設定します。シャッタースピード1/250秒とは
 +1/250秒だけセンサーに光を当ててあげるということ。
 +-絞り:レンズについている、入射光の量を調整してあげる板。開けると光は一杯入り、絞ると光が少なくなります。
 +-ISO感度:センサーの光の感度。数字が大きくなると、センサーの光の感度が上がります。ISO100だと感度が低く、ISO1600だとISO100時の1/16の光でも同じ像が写る事になります。
 +
 +
 +さて。大体ですが、シャッタースピード、絞り、ISO感度はそれぞれ1目盛り動かすと前の目盛りの2倍もしくは1/2になるようにしてあります。もっとも、今のカメラは1/3段とか1/2段位で調整出来るようになってますね。
 +
 +シャッタースピードは解りやすいね。1/250,1/500とかなので、光が1/2になる。
 +
 +絞りはF1.4→F2.8で1/2、F2.8→3.5で1/2となってます。
 +
 +ISO感度も100→200で2倍、200→400で2倍、400→800で2倍って感じ。
 +
 +実は、これは組み合わせで同じ光の量になればいいので、例えばシャッタースピード1/250秒、絞りF5.6、ISO400で丁度いいとした場合、シャッター1/500,絞りF4,ISO400でもいいし、シャッター1/125,絞りF5.6、ISO200でも良いわけ。どれかのパラメータを2倍したら、別のパラメータを1/2にすると丁度良くなる。
 +
 +じゃあ、別にこれどれ変えてもいいじゃん、となりますが実はそれぞれのパラメータは効果が違う。シャッター変える場合と絞りを換える場合では、写り方が変わってくるんですねー。
 +
 +**イメージ系パラメータ [#j5cf7e90]
 +イメージとは、色調とかに効いてくるパラメータです。露出補正、ホワイトバランス、コントラスト、彩度等。これをいろいろ変えてみると、自分が意図する印象に写真のイメージをコントロールすることができます。
 +
 +
 +*どういう風に使い分けるの? [#e72bf45a]
 +露出系パラメータは、露出モード(プログラム、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル)、イメージ系パラメータは主にカメラメニュー内のエフェクトやフィルターで制御します。これらパラメータを組み合わせて、自分のイメージに合った絵に仕上げる事ができます。それぞれ何を変えるとどんなんなるか、解説していきましょう。それぞれの変え方は、カメラのマニュアルとか、お使いの現像ソフトとかで調べてね!


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 703, today: 1, yesterday: 0
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード