1: 2009-08-19 (Wed) 02:12:27 maruo source
Line 1: Line 1:
 +*手順をすっとばす [#y551581c]
 +Livecd-stage1てものすごく時間がかかるんです。なので、まぢでどーにかしたいと思って、こんなやり方で行ってみました。
 ++[[snapshotはcatalystで作成>GentooLinuxな生活/全てCatalystで済ます#ndd5c17c]]
 +
 ++Livecd-stage1は応用できる手順で作っとく
 ++[[Livecd-stage2はcatalystで作成>GentooLinuxな生活/全てCatalystで済ます#b870e818]]
 +
 +と、言うことで、手を抜く?抜いてるか?分かんないけど確実に出来る所は知ってる手順で済まそうということです。Livecd-stage1の所だけ説明しますね。
 +
 +*catalystを使わないLivecd-Stage1 [#kf9e5d0d]
 +あらかじめLivecd-stage2で指定するversion_stampを決めておき、Livecd-stage1で作られる予定の領域にstage3ファイルを展開しておきます。
 +
 + # mkdir -p /var/tmp/catalyst/tmp/default/livecd-stage1-<version_stamp>
 + # cd /var/tmp/catalyst/tmp/default/livecd-stage1-<version_stamp>
 + # tar jxvfp XXXXXX/stage3-XXX-2005.0.tar.bz2
 +
 +ここまできたら、後はGentooインストールのテクニックで行ける。
 +-procのマウント
 + # mount -t proc none /var/tmp/catalyst/tmp/default/livecd-stage1-<version_stamp>/proc
 +-portageをどうにかして持ってきて、/var/tmp/catalyst/tmp/default/livecd-stage1-<version_stamp>/usr/portageに展開~
 +-resolv.confをコピー
 +-make.confを設定
 +-emerge,emerge,emerge...
 +
 +でお好みのルートイメージを作っておいて、これを取っておけばよいだよ。
 +
 +*その後は? [#e0fd4e81]
 +livecd-stage2を実行すればよいでーす。でもこれでも腹たつぐらいうまくいかないので、[[トラブルシューティング>/GentooLinuxな生活/トラブルシューティング]]は見てね。


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1100, today: 1, yesterday: 0
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード