Cur: 2009-08-20 (Thu) 00:12:37 maruo source
Line 1: Line 1:
 +[[Gentoo Linuxな生活/デスクトップ関連]]
 +*KDEでも日本語入力がしたぁい [#j7caf385]
 +立派なデスクトップが構成できたのですから、日本語入力をそつなくこなしてみたいのが人情というもの。せっかくですからね、KDE上のFirefoxから日本語入力して、Webの更新とかしてみたいじゃん。ですので、調べてみました。
 +
 +*GentooJP総本山を訪ねてみる [#ga37528f]
 +そしたらね、あったんですよ。[[ここ:http://wiki.gentoo.gr.jp/index.php?%5B%5B%C6%FC%CB%DC%B8%EC%C6%FE%CE%CF%C0%DF%C4%EA%BB%F6%CE%E3%BD%B8%2Fuim%2Banthy%5D%5D]]に。で、おいちゃんのお気に入りの組合せは、uim+anthyです。anthyの特徴は、サーバ/クライアント型の変換システムではなく、端末ごとに変換エンジンを持つ、いわゆるWindowsなどではごくごくふつーの形式の変換エンジンです。変換のキー操作が、比較的Windowsなどで用いられている変換システムと近いので、キー操作で困らないことと、意外に変換操作が賢いので、結構好んで使用しております。uimは、Xウィンドウシステムの入力メソッドであるXIMとのインタフェースを提供してくれるツールで、さまざまな変換エンジンに対応している模様。最近はuim+anthyで日本語入力環境を構築している人が多い、ように見受けられます。
 +
 +*ではインストールをば [#n8873fc3]
 +KDEではXIMがまともに動作しない模様ですので、immodule for QTを利用するそうです。なのでUSEフラグにimmqt-bcを追加して
 +
 + # emerge --newuse -D world
 +
 +次に、uimとanthyをインストール
 +
 + # emerge uim anthy
 +
 +おしまい。んで、自分のローカルディレクトリに、.xprofileを、以下の感じで作ってみる
 + export XIM="uim-xim"
 + export XMODIFIERS="@im=uim"
 + export GTK_IM_MODULE="uim"
 + export QT_IM_MODULE="uim"
 + exec uim-xim&
 + exec uim-helper-toolbar-gtk-systray &
 + exec uim-toolbar-qt &
 +
 +これだけやったら、KDEにもう一度ログインし直してみる。『a』という文字がパネルに表れましたね。ついでにパネルの上にツールバーが出ましたよね。これで、QTのツール、GTKを使ったツール、Xオリジナルのツール全てで日本語入力が可能になりました。『半角/全角』ボタンで日本語入力の切替えが可能だし。まんまWindows感覚だな~、うん。
  

  • Backup diff of Gentoo Linuxな生活/KDEで日本語入力に悩む(No. All)
    • Cur: 2009-08-20 (Thu) 00:12:37 maruo

Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4500, today: 1, yesterday: 2
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード