Gentoo Linuxな生活​/システム管理関連

Gentoo Linuxってなんでしょう? anchor.png

Gentoo Linuxは、数あるLinuxディストリビューションの一つで、手作り感のあるOSであるといえますね。何が手作りかというと、わざわざソースをダウンロードしてきて、コンパイルしてからインストールするからです。まぁ、コンパイル済みのやつも在るんですけど、それでやっちゃったら、GentooのGentooたる意味がありません。
で、コレをチョイスした理由は、一回やってみたかっただけです(笑)かつておいちゃんが本格的にやっていたLinuxとは、自分でソースの最新版をとってきて、コンパイル&インストールが基本でした。ですがこれには膨大な時間と手間がかかります。だから学生時代の時間が有り余ってる頃は出来ても、今では無理に近い。で、最新版を探す手間を省いてくれているのが、まさにこれな訳ですね。
インストールの仕方は相当複雑で、はっきり言って万人向けではありませんが、Linuxがどういう仕組みで動いてるのかをしっかりお勉強したい人には、GentooのStage1からインストールしていただくのはとても良いかもしれません*1

Page Top

さてインストール。 anchor.png

さて、今日は2009年の10月4日。
まずはインストール筐体について。彼のハードスペックは以下のとおり。

CPUCore2Duo E6600
メモリ4Gbyte
HDD2.3Tbyte
チップセットIntel 965G
ネットワークRTL8168

とまぁ、かなり豪華におごってみました。2年前の代物ですが、あまり陳腐化していないので、まー十分でしょうかね。

インストールは非常に複雑です。ここで網羅するのはよろしくないでしょう。なぜならば、ココでとっても詳しく解説されているからです。実は私もコレ見ながらやってます。まあ、強いてのこだわりは、

  • bootstrap.shを起動して、stage1から実施してみました。やはり、GentooのGentooたる所以は、何といっても全バイナリフルコンにあり!!
  • 64bit化。やはり、メモリも安くなっている昨今。メモリ使用量を自由に増やせるように、64bit化は必須と考えてね。amd64は快適です。
Page Top

無事ブート anchor.png

今のところ入れたパッケージを

  • syslog_ng
  • vixie-cron
  • gentoo-sources
  • grub
  • samba
  • hotplug
  • reiserfsprogs
  • bind
  • ntp

で、今後

  • apache
  • mysql
  • php
  • postfix
  • heartbeat
  • drbd

等を入れまして、旧サーバ(このWebサイトが動いてるところね)の置換を行いました。ACT/SBYサーバの構築は、別項でね。結論。
GentooLinux面白い!
これは久しぶりに達成感が味わえるOSですね。左のはじめてのGentooLinuxにも書いてありますが、日曜大工的ディストリビューションそうですね。まさにこれ。最近Linuxに辟易していたところがありますが、この素朴な感じこそわれわれが過ごしてきたLinux文化の真髄って感じがしますね。しばらくはまりそうな感じです♪


*1 会社で全員にやらせてみようかなぁ…

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2389, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2009-08-16 (Sun) 22:45:53
Last-modified: 2009-10-04 (Sun) 16:46:07 (JST) (4035d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード