SNMPエージェントを設定したら anchor.png

こんどは取得した情報を表示できる、SNMPマネージャが必要です。フリーのSNMPマネージャとしては、MRTGが有名ですが、CACTIというツールも結構名前が出てきます。グラフフォーマットが綺麗、MRTGよりも柔軟など、良い評価が聞けるので、こちらをインストールしてみます。

Page Top

インストール anchor.png

CACTIには、Webインタフェースであるcactiパッケージと、周期的にデータを収集してくれるデーモンであるcacti-spineというパッケージがあります。

cactiだけでも特に問題はないのですが、cactiそのものよりも軽いため、多数のSNMPマネージャから情報を収集するにはcacti-spineを使用したほうがよいと言う事で、双方インストールしてみます。

 # emerge cacti cacti-spine

Page Top

初期設定 anchor.png

Page Top

mysql anchor.png

CACTIは、収集した情報をSQLデータベースに収集します。このために、mysqlを使用しましょう。うちでは、mysqlベースで、すべてが構築されてますのでね…

ちなみに、CACTIのデフォルトベースで設定するとこんな感じ

データベースをまず作成する。
# mysqladmin -u root -p create cacti

作成したデータベースにユーザ権限を設定する
# mysql -u root -p
Enter password: rootパスワード[Enter]
mysql> GRANT ALL ON cacti.* TO cactiuser@localhost IDENTIFIED BY 'cactiuser用パスワード';
mysql> flush privileges;
mysql> q
 
テーブルを設定する
# mysql -p cacti < <cactiをインストールしたディレクトリ>/cacti.sql
Enter password: rootパスワード[Enter]

ここまでで、データベース/データテーブルが作成されます。ちなみに、私はphpmyadminとかを使ってるので、その場合はもちっと別になりますよぅ。データベースに接続するユーザ/パスワードを変えたい場合は、ここで一細工入りますから気をつけてくださいねー

Page Top

cacti anchor.png

<cactiのインストールディレクトリ>/include/config.phpを以下のように編集してみます。先程のMySQLの設定と合わせておくんですね。

$database_type = "mysql";
$database_default = "cacti";
$database_hostname = "localhost";
$database_username = "cactiuser";
$database_password = "設定したパスワード";
$database_port = "3306";

さらに、周期的にデータを収集するために、crontabに以下を設定しておきます。

*/5 * * * *    apache   /usr/bin/php <cactiのインストールディレクトリ>/poller.php
Page Top

cacti-spine anchor.png

/etc/spine.confを、先程のconfig.phpと同様に設定しておきます。

DB_Host         localhost
DB_Database     cacti
DB_User         cactiuser
DB_Pass         設定したパスワード
DB_Port         3306
DB_PreG         0
Page Top

カスタマイズ anchor.png

Page Top

アクセスしてみて、監視設定を行ってみる。 anchor.png

ブラウザで、http://サーバ名/<cacitのインストール先>にアクセスしてみましょう。cactiの初期設定画面が出てまいります。そこから先の設定は…例えばRRDTool+Cactiによるサーバ監視(Linux編)とか見ると、グラフィカルで分かりやすいですね。参照して設定してみてください。

Page Top

poller(周期監視処理)を設定する anchor.png

せっかくspine設定したから、それ使用したいですよね。こんな感じ。 Console→Settings→Pollerタブ→

enable
ON
Poller Type
spine 以上です。
Page Top

CPU温度とHDD温度のグラフつくってみる。 anchor.png

さっきの、RRDTool+Cactiによるサーバ監視(Linux編)に分かりやすく書いてありますね。やってみてやってください。ただし私は、SNMP経由で取得としてます。ヒントは、先ほど設定したextTableのMIBオブジェクトは、.1.3.6.1.4.1.2021.8.1、出力を取得できるextResultオブジェクトは、.1.3.6.1.4.1.2021.8.1.100あたりから取得できるっすよー。

Page Top

できたグラフを、HTMLページにExportしてみる anchor.png

なんかね…CACTIのページを、直接リモートで表示させてみると、たまにグラフが表示されず、さらにapacheの負荷がズドンと跳ね上がることがあります。こりゃーいかん、ということで、外部参照する為用に、作成したグラフ画面をExportして参照だけできるようにしておきます。 Console→Setting→Graph Exportタブ→

Export Method
Classic
Export Directory
httpのページを出力したいパスを設定します。

後はお好きなようにカスタマイズしてね。私は、1時間毎にグラフを更新して出力するセッティングにしてます。

Page Top

結果 anchor.png

こんな感じね。ちなみに、CACTI自体は、家からしかアクセス出来ないように設定してあります。外部参照用には、Exportしたグラフを見るようにしてあります。

cacti.png

Page Top

追記:10Gbyte超えメモリだと、グラフ化されない件 anchor.png

Cactiで、デフォルトでData Templates→ucd/net - Memory - Buffersやucd/net - Memory - Cache、ucd/net - Memory - Freeを使用してメモリ使用率を取得すると、10Gbyteを超えるメモリの使用率がグラフ化されません。

Page Top

なんでか~? anchor.png

よくよく調べた所、Maximum Valueが10Gbyteに制限されているんですね。この欄にUを設定して見てください。10Gbyte超えの領域がモニタリングされるようになります。

Page Top

それでもダメな場合 anchor.png

rrdtoolで取得されているデータベース側の属性を変えてやります。rrdtoolで収集されたデータベースは、<cactiのWebソースがあるディレクトリ>/rra配下にあります。この下にある、メモリ使用率を収集しているファイルの属性を変えてやります。メモリ使用率を収集しているファイルは、CactiメニューのData Sources→メモリ収集しているデータ・ソースのData Source Path項目に記述されております。で、このファイル名が仮にhost_mem_buffers_28.rrd,host_mem_free_29.rrd,host_mem_cache_30.rrdとします。こいつらの属性をコマンドラインで変更してやります。

# sudo rrdtool tune host_mem_buffers_28.rrd -a mem_buffers:U
# sudo rrdtool tune host_mem_cache_30.rrd -a mem_cache:U
# sudo rrdtool tune host_mem_free_29.rrd -a mem_free:U

これできちんととられるようになりました。ホッ


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 6276, today: 1, yesterday: 3
Princeps date: 2010-11-26 (Fri) 00:53:11
Last-modified: 2013-02-06 (Wed) 02:28:30 (JST) (2444d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード