違うバージョンのPHPを動かしたい! anchor.png

Webアプリを運用していると、開発が活発なアプリ、あまり更新されないアプリで、動作要件が変わってきたりします。特に大きいのは、Webアプリを動作させる肝となる、シェル言語のバージョン。で、軽量なWebアプリでメジャーな言語はPHP。このPHPって曲者で。バージョンアップでかなり言語仕様が変わります。なもので…最近PHP5じゃないと動かないアプリと、PHP5のサポートを終了させようとしているアプリが入り乱れてきました。なもので、古いアプリはPHP5、新しいアプリはPHP7で動かす環境を作らないといけなくなってまいりました。でも、Webサーバ(Apacheやnginx等)を複数動かすのはとてもうれしくない。なので、Apache一つで、Webアプリによって動作させるPHPを分けて見るようにします。

では、行ってみましょう

Page Top

どうやって複数バージョンのPHPを共有させるか anchor.png

ApacheでPHPで記述されたWebアプリを駆動するには、以下の手順が使えます。

  1. モジュール
  2. CGI
  3. FastCGI

モジュールの場合は、mod_phpを用いて、Apacheのプロセス内でPHPの処理を実行します。

CGIは、Apacheから、HTTPリクエストがあるたびにPHPのプロセスを起動して、PHPスクリプトを実行します。

FastCGIは、PHPのプロセスを予め起動させておき、ApacheにHTTPリクエストが来るたびに、TCPもしくはUnix Dmain Socket経由で常駐PHPプロセスに処理をさせます。

この中で、GCI方式が最も重そうな方法であることはご理解いただけるかと。mod_phpが最もシンプルな方法なのですが、1つのバージョンしか使えない。なので、FastCGIで複数バージョンを同時駆動させる方法を採用することとします。

Page Top

準備 anchor.png

Page Top

PHPのビルド anchor.png

  • PHPのUSEフラグに"fpm"を追加します。
  • make.confに以下の記述を追加します。
    PHP_TARGETS="php5-6 php7-1"

ここのPHP_TARGETSは、インストールしておきたいバージョンのPHPを列挙します。私はPHP5系の最新(php5-6)と、PHP7系の最新(php7-1)を書いておきます。

  • emergeします。

おしまい。

Page Top

Apacheのビルド anchor.png

  • make.confのAPACHE2_MODULESに、"proxy proxy_fcgi"を追記します。
  • emergeします。

おしまい。

Page Top

動作設定 anchor.png

モジュールによる起動は既にできていることとします。このため、FastCGIにて起動する方法を中心に記載します。

ApacheのFCGI Proxyモジュールを用いて、バックエンドのPHPと通信致します。

Page Top

Apache側 anchor.png

/etc/conf.d/apache2内のAPACHE2_OPTSに、以下の定義を追記します

-D PHP -D PROXY
Page Top

PHP側 anchor.png

Page Top

起動PHPの指定 anchor.png

今回は、以下の設定とします。

  • FastCGIのデフォルトはPHP7.1
  • さらにもう一つFastCGIのPHP5.6を駆動する

起動するバージョンを設定してやります。

# eselect php set fpm php7.1

さらに、普通に設定すると、FPM版PHPの起動シェルは1つしかありません。eselectで指定したバージョンを起動してくれます。ので、指定バージョンを起動するシェルを作ってあげます。

# cd /etc/init.d
# cp php-fim php-fpm5.6
# vi php-fpm5.6

さて、このコピーしたphp-fpm5.6の頭にある以下の部分を修正します。

PHP_SLOT="${SVCNAME#php-fpm-}"
                  ↓
PHP_SLOT="php5.6"

eselectで指定するphpのバージョン名ね

Page Top

PHP7.1側の設定 anchor.png

/etc/php/fpm-php7.1/fpm.d/www.confを編集します。今回は、UNIXドメインソケットで通信出来るように設定します。以下の項を注意して設定します。

user = nobody                        # FPM版のPHPの起動ユーザ権限
group = nobody                       # FPM版のPHPの起動グループ権限
listen = /var/run/php-fpm/www.sock   # 通信するポートを指定。ここではwww.sockというUNIXドメインソケットを指定
listen.owner = nobody                # 上記ソケットのユーザ
listen.group = nobody                # 上記ソケットのグループ
listen.mode = 0660                   # 上記ソケットのアクセス権

特に起動ユーザ、グループ、ソケットのユーザ、グループ、アクセス権は注意して設定してくださいね。Apacheの起動ユーザ権限とソケットのアクセス権が合っていないと、「Permission Denied」と言われます。また、PHP-FPMの起動ユーザ、グループがWebアプリ側のアクセス権と合っていないと、PHP-FPM側は、Webアプリファイルにアクセス出来ないと言われます。apacheのerror_logをよく見ててくださいね~

Page Top

PHP5.6側の設定 anchor.png

/etc/php/fpm-php5.6/php-fpm.confを編集します。今回は、UNIXドメインソケットで通信出来るように設定します。以下の項を注意して設定します。

user = nobody                        # FPM版のPHPの起動ユーザ権限
group = nobody                       # FPM版のPHPの起動グループ権限
listen = /var/run/php-fpm/www5.6.sock   # 通信するポートを指定。ここではwww5.6.sockというUNIXドメインソケットを指定
listen.owner = nobody                # 上記ソケットのユーザ
listen.group = nobody                # 上記ソケットのグループ
listen.mode = 0660                   # 上記ソケットのアクセス権

7.1のときと設定の注意は変わりませんが、ポイントは、listen=で作るソケットの名称です。バージョン名で分けると。

Page Top

Apache側のFPM動作の設定 anchor.png

/etc/apache2/70_mod_php.confを以下のように記載。

<IfDefine PHP>
       <FilesMatch "\.php$">
               SetHandler "proxy:unix:/var/run/php-fpm/www.sock|fcgi://localhost"
       </FilesMatch>

       # Set it to handle the files
       <IfModule mod_mime.c>
               AddHandler application/x-httpd-php .php .php5 .phtml
               AddHandler application/x-httpd-php-source .phps
       </IfModule>

       DirectoryIndex index.php index.phtml
</IfDefine>

起動オプションにPHPが指定されていたら、拡張子.phpにマッチするファイルは、PHP-FPMのソケットに渡す、というエントリーです。

Page Top

プロセス起動 anchor.png

ApacheとPHP-FPMを再起動します。

# /etc/init.d/apache2 restart
# /etc/init.d/php-fpm restart
# /etc/init.d/php-fpm5.6 restart
Page Top

使用するPHPバージョンの宣言 anchor.png

  • 古いバージョンで起動させたいWebアプリだけ、.htaccessで制御する

と、言うことで、各Webアプリは、ディレクトリで別れて格納されいると仮定します。PHP5.6で動かしたいWebアプリが格納されているディレクトリのトップに、.htaccessを置き、以下の内容を追記します。

<IfDefine PHP>
   <FilesMatch "\.php$">
       SetHandler "proxy:unix:/var/run/php-fpm/www5.6.sock|fcgi://localhost"
   </FilesMatch>

   DirectoryIndex index.php index.phtml

</IfDefine>

.htaccessは、置かれたディレクトリ配下のアクセス条件に上書きされるので、このエントリーがある.htaccessがあるWebアプリはwww5.6.sockで通信される。PHP5.6で動く、という仕掛け。

もうおわかりかと思いますが。起動シェルをコピーして、ソケット名を分けていけば、いくつでもPHPが起動できると言うわけですね。

これで、PHPバージョンでアプリが動かなくなる悪夢から解放されそうです♪


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1144, today: 7, yesterday: 6
Princeps date: 2018-02-12 (Mon) 21:11:33
Last-modified: 2018-02-17 (Sat) 20:49:50 (JST) (635d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード