2: 2013-12-30 (Mon) 02:25:08 maruo source Cur: 2014-01-14 (Tue) 01:52:47 maruo source
Line 35: Line 35:
ギアをDレンジにセットして、スタート。さて、直線を普通に走って見ると…するする~っと軽快に60km/hまで加速してくれます。GRBに比べると屁みたいなパワーですが、意外にパワーの盛り上がりが使いやすい。加速をモーターアシストしてくれているからと思われるが、とても扱いやすい加速です。ムォ~ン、っと車内も超静か。これは快適。サスペンションもゴツゴツ感少なく、非常にマイルドです。が、グニュッとしているわけでもなく、非常にしっかりとした感触です。ノーマルXVと比べて、100kg位車重が重くなってるので、それがどっしり感を演出してるのかもしれない。高速で110km/hで走ってみたりもしましたが、高速走行でも非常に安定してます。また、150ps程度のNAエンジンだと、100km/h以上の加速は正直厳しいと思っていたのですが、意外にするすると加速していきます。これまたモーターアシストの威力かもしれない。この車の常用域は、せいぜい120km/h位までなので、その範囲であれば、ほぼ十分な性能ですね。 ギアをDレンジにセットして、スタート。さて、直線を普通に走って見ると…するする~っと軽快に60km/hまで加速してくれます。GRBに比べると屁みたいなパワーですが、意外にパワーの盛り上がりが使いやすい。加速をモーターアシストしてくれているからと思われるが、とても扱いやすい加速です。ムォ~ン、っと車内も超静か。これは快適。サスペンションもゴツゴツ感少なく、非常にマイルドです。が、グニュッとしているわけでもなく、非常にしっかりとした感触です。ノーマルXVと比べて、100kg位車重が重くなってるので、それがどっしり感を演出してるのかもしれない。高速で110km/hで走ってみたりもしましたが、高速走行でも非常に安定してます。また、150ps程度のNAエンジンだと、100km/h以上の加速は正直厳しいと思っていたのですが、意外にするすると加速していきます。これまたモーターアシストの威力かもしれない。この車の常用域は、せいぜい120km/h位までなので、その範囲であれば、ほぼ十分な性能ですね。
-また、購入早々箱根に行ってみました。で、ワインディングを走ってみましたが、SUVにも関わらず、非常にサスはしっかりしている、グニャッと沈むわけではなく、わりとしっかり支えてくれます。ですが路面の凹凸は適度に抑えてくれる。乗り心地と走行性能を高次元でマッチングとってますね。非常にいい感じ。むしろ高級感すらあるね。ま、ワインディングの楽しさは、GRBには及ぶべくもないんだけどね。これはこれで十分な感じですね。+また、購入早々箱根に行ってみました。で、ワインディングを走ってみましたが、SUVにも関わらず、非常にサスはしっかりしている、グニャッと沈むわけではなく、わりとしっかり支えてくれます。ですが路面の凹凸は適度に抑えてくれる。乗り心地と走行性能を高次元でマッチングとってますね。非常にいい感じ。むしろ高級感すらあるね。ま、ワインディングの楽しさは、GRBには及ぶべくもないんだけどね。だが、普通の車としては、十分すぎるくらいのシャシー性能を持っている。大井松田の300Rを120km/hで回っても、全く危なげなく、むしろ安定してます。これは素晴らしい。さすがインプレッサをベースにしただけのことはあるよね~。スバルさんのクルマづくりは堅実だなぁ。
-この車の最大の売りであるハイブリッドの効きはどうかというと~、基本モーターは加速のアシスト。なもんで、150psのエンジンとは思えない、トルクフルな走りをしてくれます。とても扱いやすい。で、ブレーキ踏んで減速するときに回生ブレーキで充電してくれます。また、平地だと、ブレーキ踏んで40km/h以下に落ちるとエンジンを切ってモーター走行に切り替わります。で、一定速度で走行する場合は、充電されていればモーターで走り、加速するときにエンジンがかかるような感じ。このモーターからエンジンに切り替わるときに、少し回転が高くなる傾向があって、不自然に飛び出るような加速しますが、まぁ、このへんの制御はこれから改善していくところかな。+この車の最大の売りであるハイブリッドの効きはどうかというと~、基本モーターは加速のアシスト。なもんで、150psのエンジンとは思えない、トルクフルな走りをしてくれます。とても扱いやすい。で、ブレーキ踏んで減速するときに回生ブレーキで充電してくれます。また、平地だと、ブレーキ踏んで40km/h以下に落ちるとエンジンを切ってモーター走行に切り替わります。で、一定速度で走行する場合は、充電されていればモーターで走り、加速するときにエンジンがかかるような感じ。このモーターからエンジンに切り替わるときに、少し回転が高くなる傾向があって、不自然に飛び出るような加速します。多分、モーターのパワーが不足している気がするんだよな。もっとパワーが有るモーター積んで、少し高い速度(20km/hか30km/h)までモーターで引っ張ってからエンジンに切り替われば、もっと自然になるような気がする。
ただ、アクセル、ブレーキの感触は…どぉも違和感。アクセルの踏力に反して、やたら加速したがるし、ブレーキ踏力も、ちょっと踏んだだけで過剰に効くし。STIのように、踏力にリニアな味付けにして欲しいなぁ。こーいうのが一般車の味付けなのかしらねぇ?また…今までがマニュアルだったせいか…車の制御はマニュアルのほうがやりやすいなぁ…特に坂道、ワインディング等、エンブレが効かないこと…ブレーキ踏めばいいんだろうけど、あんなショボショボディスクブレーキだと、すぐにフェードしそうだしなぁ…しかも、マニュアルモードに変えると、エンジンかかりっぱなしでアイドリングストップしなくなるしなぁ。ガス食うんだよねぇ。もうちょっと、エンブレに回生ブレーキをフル活用するような改良が欲しいなー。 ただ、アクセル、ブレーキの感触は…どぉも違和感。アクセルの踏力に反して、やたら加速したがるし、ブレーキ踏力も、ちょっと踏んだだけで過剰に効くし。STIのように、踏力にリニアな味付けにして欲しいなぁ。こーいうのが一般車の味付けなのかしらねぇ?また…今までがマニュアルだったせいか…車の制御はマニュアルのほうがやりやすいなぁ…特に坂道、ワインディング等、エンブレが効かないこと…ブレーキ踏めばいいんだろうけど、あんなショボショボディスクブレーキだと、すぐにフェードしそうだしなぁ…しかも、マニュアルモードに変えると、エンジンかかりっぱなしでアイドリングストップしなくなるしなぁ。ガス食うんだよねぇ。もうちょっと、エンブレに回生ブレーキをフル活用するような改良が欲しいなー。
 +
 +また、千葉から静岡まで往復してみて、高速の燃費を見てみました。総走行距離612km、平均走行スピード100~110km/hくらいで、13.66km/Lでした。う~ん、思ったよりも燃費良くない…まぁ、STIに比べれば十分なんだけど、下道走って12km/L位、高速で14km/L弱って、全然伸びないんだよね。どうも、上り坂で極端に燃費が悪くなる傾向が。水平対向って、やっぱり燃費良くないのかしら。ちなみに、一番燃費が良かったのは、平地での下道を、60km/hでテレテレと定速走行してる時。で、16.6km/Lでした。下道の方が燃費がいいなんてなぁ~。ハイブリッドに高速道路ってのは、相性が悪いのかもしれませんね。
まぁ、SUBARUのHYBRIDも出たばっかり。これからどんどん改良されていくでしょう。さて、少なくとも次のSTIが出るまでは、この車であちこち出没するよ~!!。スタッドレス買って、雪山撮影にも行きたいなぁ。こーいうクルマはこーいうクルマで、いろいろと楽しみますよ~~~!! まぁ、SUBARUのHYBRIDも出たばっかり。これからどんどん改良されていくでしょう。さて、少なくとも次のSTIが出るまでは、この車であちこち出没するよ~!!。スタッドレス買って、雪山撮影にも行きたいなぁ。こーいうクルマはこーいうクルマで、いろいろと楽しみますよ~~~!!


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4094, today: 1, yesterday: 0
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード