Back to page

− Links

 Print 

Gentoo Linuxな生活​/Tiny Tiny RSSに悩む :: Nest Of Hawk

xpwiki:Gentoo Linuxな生活/Tiny Tiny RSSに悩む

Table of contents
  • Googleリーダの突然の終了宣言
  • インストール
    • DBの設定
      • DBを作成する
      • アクセス用ユーザを作る
      • DBと、先ほど作成したユーザの権限をつなぎ合わせる
    • Tiny Tiny RSSのインストール
    • 設定
    • RSSフィードの自動更新の設定。
    • Googleリーダのフィード設定のインポート
    • 私好みの設定
  • Tiny Tiny RSSの操作
  • スマートフォンで読んでみよう
  • その他
    • pluginをダウンロードしてくる
    • インストールする
    • 設定する
    • おいちゃんは~…

Googleリーダの突然の終了宣言 anchor.png[1]

2013年3月頃、Googleリーダが7月1日をもって、サービスを終了する宣言を出しました。昨今は様々なWebサービスの台頭で、利用者も頭打ちということで、この先伸びる要素のないサービスだから、閉じる、ってことらしいんですけどね。

私を含め、それまでGoogleリーダをニュース収集元として使用していた人たちは大わらわ。引越し先をどうするかで議論が巻き起こりました。だってね、いくら古臭い方式だといっても、このRSSリーダ、ニュース情報の収集元としては、すごく便利なんですよ。よく読むサイトがRSSに対応しておけば、RSSフィーダに登録しておき、そこのサイトにアクセスしてチクチク読んでいけば、情報収集できるという便利さ。いちいちサイトを回覧しなくていいってのは、何事にも変えがたい便利さです。サイトの更新情報もわかるしね。

で、引越し先をどうするかとおいちゃんも色々考えた結果、Netbives、Feedlyを試してみたわけです。NetbivesはAndroidなどのモバイル端末からの閲覧がいまいち。Feedlyは、非常に良かったのですが、PCからの閲覧がFirefox/Chromeからしかできない、おいちゃんの会社のPCからは閲覧できないなどの都合が悪い点があり、使い勝手としてはいまいちでした。

で、そんな感じでFeedlyをだましだまし使用していた所、Tiny Tiny RSSというGoogleリーダクローンともいうべき、自前サーバで動かすことができるオープンソースWebアプリがあるということを聞きつけました。やはり、自前サーバを運用している手前、自分ちのサーバで動かしたほうがいいにきまってる。しかも、Androidアプリもあるっていうことじゃ~無いですか。これは、おいちゃんのユースケースに非常にマッチしている。なもんで、早速インスコして使用して見ることにします。

Page Top

インストール anchor.png[2]

Page Top

DBの設定 anchor.png[3]

Tiny Tiny RSSは、MySQLもしくはPostgreSQLで動作します。おいちゃんはMySQLをベースに使用しております。最近Oracleに買収されてしまってからというもの評判良くないですが、まぁ、最悪はMariaDBに乗り換えてしまえばいいや!ということで、そのまま継続してMySQLでいきます。他のHPでは、フツーにMySQLのコマンドラインでDB設定する方法が紹介されておりますので、私はphpMyAdminで設定する方法を。ちなみに私が使用しているバージョンは3.5.8ですので、ご参考に…

じつは、もっと簡単な方法があるかも~。ユーザ作成時に、同一名称のDB作成でもいいかもね。

Page Top

DBを作成する anchor.png[4]

phpMyAdminを開き、ログインします。「データベース」タグを開き、「データベースを作成する」の項でTinyTinyRSS用DBの名前を適当に決め(とりあえずttrssとしましょうか)、テキストボックスにttrssと入力し、作成をポチッとな。終了。

Page Top

アクセス用ユーザを作る anchor.png[5]

「ユーザ」タグをポチッとな。ユーザを追加するをポチッとな。ユーザ追加のダイアログが開きましたね。

ユーザ名
適当に決めてください。ここではttrssとしますか
ホスト
プルダウンでローカルを選択。WebサーバとDBサーバが同一ホストで動くということです。ネットワークアクセスは許さん、ということね。
パスワード
まぁ、適当に。「パスワードを生成する」を利用するもよし。
もう一度入力してください
パスワードの確認入力ね
ユーザ専用データベース
一応なしで。
グローバル特権
全てチェックを外すをポチッとな
Page Top

DBと、先ほど作成したユーザの権限をつなぎ合わせる anchor.png[6]

もいちど「ユーザ」タグをクリック。で、「ユーザを追加する」をポチッとな。「データベースに固有の特権」を選んで「データベースに特権を追加」の項で、DB ttrssをプルダウンで選択。実行ポチッとな。 おしまいでーす。

Page Top

Tiny Tiny RSSのインストール anchor.png[7]

Tiny Tiny RSSのホームサイト[8]に行き、パッケージをダウンロードしてきます。2013/6/23時点での最新版はVer.1.8です。このファイルを解凍すると、Tiny-Tiny-RSS-1.8ってディレクトリの下に解凍されます。この配下のファイルをWebサーバのDocumentRoot(仮に/var/wwwをしましょうか)に、適当にディレクトリでも切って(仮にttrssとしましょうか)配置します。このttrssディレクトリ配下の権限をすべてWebサーバが動作する権限に設定してやります。

# chown -R apache.apache ttrss

んで、自分ちのWebサーバのTiny Tiny RSSがアクセスできるURLのinstallディレクトリにアクセスします。本例だと、http://examle.com/ttrss/install[9]ですね。

すると、Tiny Tiny RSSの設定画面が現れます。

Database Type
MySQLを選択します
Username
DBにアクセスするユーザ名を指定します
Password
DBにアクセスする際のパスワードを指定します
Database name
Tiny Tiny RSS用DB名を指定します
Host name
省略可
Port
省略可

で、Test configurationボタンを押します。設定のチェックが行われ、ディレクトリのパーミッション設定について文句言われると思います。適切にパーミッションを設定してあげて、Initiallize databaseボタンをクリックすると、DBが初期化されます。んで、Save configurationをポチッとな。おしまいでーす。

Page Top

設定 anchor.png[10]

早速Tiny Tiny RSSにアクセスしてみましょう。ログイン画面が現れますね。初期設定値はユーザ名admin、パスワードpasswordです。ログインしたらパスワード変更しておいてあげてください。

操作→Preferncesで、ユーザタブをクリック。adminを選択して、編集をクリック。パスワード変更しましょうね。

その後、普段使用するユーザを追加しましょう。同じ画面で、ユーザの追加をクリック。ユーザを作ってあげて、その後同様要領でパスワード設定してあげましょう。

Page Top

RSSフィードの自動更新の設定。 anchor.png[11]

Webサーバのアカウント(Gentooだとapacheさんですね)の権限で、cronの設定してやります。

0  * * * *  /usr/bin/php /var/www/ttrss/update.php

こんな感じ。おいちゃんは1時間毎に更新するようにしてます。更新間隔は適当に設定してやってください~。

Page Top

Googleリーダのフィード設定のインポート anchor.png[12]

Googleリーダを開いて、歯車のような設定マークから「リーダの設定」クリック。インポート/エクスポートタグを開いて、「Download your data trough Takeout」をポチッとな。OPML形式の設定ファイルがダウンロードできますから、保存してやります。ダウンロードしたzipファイルを展開すると、「subscriptions.xml」てファイルがあるので、こちらをTiny Tiny RSSにインポートしてあげましょう。

Tiny Tiny RSSに先ほど設定した普段使用するユーザ名でログインしてやりましょう。で、操作→Preferences選択。フィードタブを開いたら、OPMLって項があるので、ここをクリック。参照ボタンクリックで、先ほどの「subscriptions.xml」を選択し、「Import my OPML」ボタンをクリックしてあげましょう。これで、Googleリーダからの移行は完了です。

Page Top

私好みの設定 anchor.png[13]

Tiny Tiny RSSの設定は、基本、操作→Preferenceから行います。以下は設定しておいた方が便利かな。デフォルト設定からの差分です。

Enable API access
チェックマークON 後で解説するAndroidアプリとかを使用する場合、これをONにしないと動作しません。
Automatically mark articles as read
チェックマークOFF これがONだと、ブラウザでスクロールすると勝手に既読にされちゃうんだよね…
組み合わせモードで記事を自動的に展開する
チェックマークOFF この方がGoogleリーダっぽい表示になるし。

あとは自分の好きに設定してやってください~。

Page Top

Tiny Tiny RSSの操作 anchor.png[14]

ふつーにGoogleリーダと同じかと思い、スペースキーを押してみたのですが、読み進んではくれません。キー操作は違うみたい…とりあえずおいちゃんが使ってるのは以下。てか、これだけ覚えてれば特に困らんのだけど~。

j/kキー
フィードの選択。jで下、kで上だったかな
n/pキー
記事の選択。nで次の記事、pで前の記事。
Page Top

スマートフォンで読んでみよう anchor.png[15]

Android向けには、リーダーアプリが存在します。TTRSS Reader[16]と、Tiny Tiny RSS[17]。TTRSS Readerは無料。Tiny Tiny RSSは7日間お試しで、それ以降使用する場合は、160円位かかります。両方使用してみた結果、Tiny Tiny RSSの方が出来がいいです。さすが有料なだけあります。TTRSS Readerは日本語非対応で、表示も見づらい。Tiny Tiny RSSは日本語対応で表示も洗練されています。Androidアプリは1回支払えばその後永久的に使えるので、160円ぐらいならいいか、と思い購入しちゃいました。

設定画面を開いて、

ログイン
先ほどの使用するユーザ名
パスワード
ユーザのパスワードを設定
Tiny Tiny RSS URL
インストールしたサーバのURL

を設定してやれば、快適にAndroid端末からも閲覧出来ますよ-。操作はGoogleリーダアプリとほとんど一緒ですね。便利-。

Page Top

その他 anchor.png[18]

Tiny Tiny RSSには、多くのプラグイン[19]があります。どうもソーシャル連携プラグインとか、モバイル端末表示対応プラグインとかあるみたい。設定の仕方は、以下です。

Page Top

pluginをダウンロードしてくる anchor.png[20]

Preferences→設定→pluginsを開くと、「その他のプラグインは、フォーラムやWikiからダウンロードできるよ~」と書いてあります。そこからダウンロードしてきます。

Page Top

インストールする anchor.png[21]

ダウンロードしたプラグインを、Tiny Tiny RSSをインストールしたディレクトリ配下のpluginsディレクトリ(ここでの例では、/var/www/ttrss/plugins)に、プラグインの格納ディレクトリごとコピーします。

Page Top

設定する anchor.png[22]

Preferences→設定→pluginsを開くと、plugins配下に格納されたプラグインが一覧で出てきます。そこで、有効にしたいプラグインにチェックマークを入れ、Enable selected pluginsボタンをクリック。

Page Top

おいちゃんは~… anchor.png[23]

以下のプラグインをダウンロードしてきて、追加で有効化しました。

digest
タブレットモード
mobile
スマフォ等のモバイル端末用WebUI
evernote
evetnote連携
tweet
ツイッター連携
Googleplus
Google+連携
facebook
Facebook連携
googlereaderkeys
Googleリーダ互換キーボードショートカット

他にもいろいろあるかも。皆さんご自由にどうぞ~


Last-modified: 2013-06-27 (Thu) 01:16:41 (JST) (3378d) by maruo