Back to page

− Links

 Print 

Gentoo Linuxな生活​/3Dデスクトップに悩む :: Nest Of Hawk

xpwiki:Gentoo Linuxな生活/3Dデスクトップに悩む

Gentoo Linuxな生活​/デスクトップ関連[1]

Table of contents
  • GeForceを生かしたい!!
  • インストール
  • 設定
    • AIGLXの設定
      • ServerLauoutセクション
      • DRIセクションと、Extensionsセクション追加
      • Screenセクション
  • Compiz fusion起動
  • KDE起動時に自動起動するようにする
  • 設定を変更する

GeForceを生かしたい!! anchor.png[2]

PCには3D対応のディスプレイカードが内蔵されてますわ。なのに、Linux(というかX Window)では、全くと言っていいほど、3Dカードを活用したものなどありませんでしたなぁ…しかし、Vistaが火付け役といいますか、3D対応のデスクトップってのが叫ばれ始めましたねぇ…。といっても、Vistaのデスクトップはかなり見かけ倒しでしたが…

で、そんななか、X用デスクトップ環境で、3D対応デスクトップが流行り始めてきてまして、最近大流行のubuntuなどではCompiz fusionが正式採用されたりと、かなり熱い状況ですね。

てな訳で、せっかく64bitOSを新たに入れなおしたりしましたので、この時期だ!と思ってCompiz fusionをインストールしてみたのです。

Page Top

インストール anchor.png[3]

/etc/portage/package.keywordsに以下を追加。

dev-python/compizconfig-python 
x11-wm/compiz 
x11-wm/compiz-fusion 
x11-plugins/compiz-fusion-plugins-main 
x11-plugins/compiz-fusion-plugins-extra 
x11-plugins/compiz-fusion-plugins-unsupported 
x11-wm/emerald 
x11-themes/emerald-themes 
x11-apps/ccsm 
x11-libs/libcompizconfig 
x11-libs/compizconfig-backend-gconf 
x11-libs/compizconfig-backend-kconfig 
x11-libs/compiz-bcop

cairoにUSEフラグglitz、svgを追加してemergeする

echo "x11-libs/cairo glitz svg" >> /etc/portage/package.use
emerge cairo

で、compiz fusionをemergeする!

emerge compiz-fusion
Page Top

設定 anchor.png[4]

ココ[5]を見てたらほとんど書いてありました…ああ、偉大だ…

Page Top

AIGLXの設定 anchor.png[6]

Accelerated Indirect GLXとは、OpenGLプロトコルを使用した、フルハードウェアアクセラレーションを生かすためのXorg拡張らしいです。こいつをまず設定するために、/etc/X11/xorg.conをいじります。

Page Top

ServerLauoutセクション anchor.png[7]

Option項目のAIGLXを有効化します。

Section "ServerLayout"
   Identifier     "X.org Configured"
   Screen      0  "Screen0" 0 0
   InputDevice    "Mouse0" "CorePointer"
   InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
   Option         "AIGLX" "true"                    ←ヾ(~∇~;) コレコレ
EndSection
Page Top

DRIセクションと、Extensionsセクション追加 anchor.png[8]

Section "DRI"
   Mode 0666
EndSection

Section "Extensions"
   Option "Composite" "Enable"
EndSection
Page Top

Screenセクション anchor.png[9]

Section "Screen"
   Identifier     "Screen0"
   Device         "Card0"
   Monitor        "Monitor0"
   Option         "AddARGBGLXVisuals"   "true" ←ヾ(~∇~;) コレコレ
   ----省略----
EndSection
Page Top

Compiz fusion起動 anchor.png[10]

/usr/bin/compiz-start(シェル)をちょっと編集してやりましょう。

COMPIZ_OPTIONS="--replace ccp --indirect-rendering"

を追加してやるです。

で、KDEを起動させた状態で、Konsoleなどから、

compiz-start &

なにも変わらなくて、がっかりかもしれませんね…ためしに起動させたターミナル窓のタイトルバーをドラッグして、窓を動かしてみましょう。

うおおおおおお!!

とびっくりするでしょう…

Page Top

KDE起動時に自動起動するようにする anchor.png[11]

/home/<ユーザ名>/.kde/Autostartに、自動起動させるためのシェルを置いておいてやります。

#!/bin/sh
compiz --replace ccp --indirect-rendering &
/usr/bin/emerald --replace &

たとえばこんな感じ。compizはCompiz fusionの3D効果を生み出すコア、emeraldは、ウィンドウマネジャーです。透明化したり、カスタマイズがぐりぐりできて、とっても便利♪

Page Top

設定を変更する anchor.png[12]

KDE 3.5.9では、設定>CompizConfig Settings Managerで、Compiz fusionの設定ダイアログが、設定>Emerald Settings Managerでウィンドウマネジャーのテーマ変更などができますよん。

Have fun!!


Last-modified: 2009-08-20 (Thu) 00:14:19 (JST) (4490d) by maruo