モータースポーツな世界

GPE ブルーインパルス号5号機 anchor.png

_DSC5779.jpg
形式XV HYBRID
出力150ps/6000rpm:20.0kgm/4200rpm
モーターアシスト13.6ps:6.6kgm
使用期間2013/12~
いじりポイントHID6000Kバルブ
LEDフォグランプ

ついに、STIから降りる時が来てしまいました。ある意味GRBは名残惜しい車でしたね。今度は時代の流れに乗って、HYBRIDのインプレッサくん。最も、インプレッサの名前はなしでXV HYBRIDという呼称になっておりますが。おいちゃんの車ライフでは、初めてNA,かつ初めてハイブリッドという記念すべき車かもしれない。

Page Top

外観及び内装 anchor.png

まず、この車は、GP型インプレッサをベースに、SUV的仕様にした、2012年発表XVを、さらにハイブリッド化したSUBARU初のハイブリッド車ですね。当時としてはSUVとしては最も燃費がいい、ということで売り出していましたが、HONDA ヴィセルがリッターあたり27kmという驚異的なハイブリッドSUVを出してしまいましたねぇ。XV HYBRIDとしては、大きな競合車が出てしまいましたが、これからどうなることか…。あれ、よく調べたら、4WDはXVとそんなに変わんなかったな。21.6km/lだって。まだXVも戦えそうですね。

さて、外回りをインプレッション。見た目は既に出ているXVと全く一緒。唯一違うのは、ドアミラーの下辺りに、「HYBRID」のエンブレムが入っていること。後部ハッチに「XV HYBRID」と書いてあることぐらいですかね。あのおなじみの形です。タイヤが225 55R17と比較的大きいサイズのエコタイヤ。そして車高を高めにとったずんぐりむっくりなライトクロカン風のSUVです。ガチのSUVと違って、比較的小柄な事が、おいちゃん的には好感触。おいちゃん、大きい車って嫌いなんだよね。で、XVってと、オレンジとかグリーンのイメージがあるんだけどね、おいちゃんが選んだ色は、ディープシーブルーパールという色。青が良かったんだけどさぁ、この色ほとんど黒なんだよね。色の設定がこれしか青と付いているのがなかったので、残念…。

トランクは~、GRBとほぼ同じぐらい。ただ、ここにモーター用の電池が搭載されているらしく、スペアタイヤ用スペースが潰されてるんだよね。で、おいちゃんがいつも搭載しているエマージェンシー3点セット(牽引ロープ、ブースターケーブル、三角表示板の収納が…ぎりぎり。もう一つタイヤ交換用の十字手裏剣を格納してたんだけども~…入れる場所なし。まぁ、スペアタイヤがなく、タイヤ補修セットなもんで、十字手裏剣が常備工具から外しましたわ。

車内。う~ん…ポケット類が、GRBよりも小さいんだよねぇ。収納スペースがイケてない…GRBでも狭くなったなぁ、と思ったんだけど、GP系インプレッサって、さらに狭くなってるよ…これはいかがなもんだろうか。特にXVといえば、くさってもSUVでしょう。もちっとユーティリティスペースを広くとって欲しかったなぁ。ルーフレールにジェットボックスでもつけとけ、ってことなんかしら…。インパネは、基本赤を貴重としたランプ類なんだが、計器盤だけ青。HYBRIDだけ色が違うんだよね。ただのXVはフツーの計器盤みたいなので、ハイブリッドな未来感を演出したかったのかな。まぁ、嫌味や無いからいいけど、どーせなら色統一して欲しかった。ナビがイルミ色変えられるんだけど、どっちに揃えようか迷うじゃんよぉ(笑)また、インパネの材質がちょっとだけ贅沢風に。GRBだとただのプラスチックをシボ加工しただけの、いかにも安っちぃ感じだったのが、弾力がある、すこーしだけ高級感がある材質に変更されました。まぁ、気休めだけどね。で、グローブボックスが…車検証格納できないようになったよ…これは頂けない変更だわ…う~ん。

また、おいちゃんが選んだのはEyesightなので、ミラーの上にカメラ用の出っ張りがあります。また、Eyesight用の装備として、レーン警報のON/OFFボタンとVDCのON/OFFボタンがマップランプの後ろについてます。EyesightってVDCで制御してるらしく、VDCをキャンセルすると自動ブレーキがかからなくなるらしい。車庫出しするときとか、壁が近接している時にVDC効くと動かなくなっちゃう場合があるので、その時用にキャンセルできるようになってるんだって。

シートは、革とか気にしないので、ファブリックなシート。んあー、すごく浅い。前がRECAROのバケットだったので、違和感は否めない。やっぱり、RECAROとかお金がかかってるだけあってフィット感がいい。それに比べると一歩譲るよね。とはいえ、まぁ不満は出ない程度な感じかな。また、8ウェイパワーシートで、シート調整が便利じゃのぉ。走りながらでも調整できるわぁ。

XVはCVTでマニュアルモードで6速。パドルシフトになってるんだよねぇ。これ、意外に便利な感じ。コーナー曲がりながらでもシフトチェンジがやりやすいねぇ。また、操作系では、ステアリングにマルチファンクションディスプレイの操作スイッチと、クルーズコントロール操作用のスイッチ、SIドライブの切り替えスイッチが付いとります。マルチファンクションディスプレイは、とっても先進的でかっこいいね~。おいちゃんは油温、エンジンスタートしてからの燃費、エンジンスタートしてからの走行距離の3連メータに設定しております。まぁ、走行中に操作することはないけどね。クルーズコントロールは、高速走行中に操作する都合上、ちょくちょく触ります。SIドライブは…まぁこーいう車には要らない気がするが…おいちゃんは常にIモードにしとります。

Page Top

インプレッション anchor.png

さて、イグニッションをオン!キュキュキュっ!という軽いスターター音。いやぁ、車内は静かだなぁ。ハイブリッドでもエンジンはかけちゃうのね。この車、ハイブリッドでありながら、基本はエンジン走行です。で、モーターがアシストするだけの、かなり緩いハイブリッドです。エンジンが冷えている時は基本エンジンを回し、暖めに入ります。FA20エンジンは、車内だと静かだけど、外に出て聞くと意外にエンジン音大きいね。但し、等長等爆エキゾーストらしく、水平対向特有のドドドッ、っという音ではなく、フツーのエンジン音。水平対向らしく、滑らかに回ってくれますね。

ギアをDレンジにセットして、スタート。さて、直線を普通に走って見ると…するする~っと軽快に60km/hまで加速してくれます。GRBに比べると屁みたいなパワーですが、意外にパワーの盛り上がりが使いやすい。加速をモーターアシストしてくれているからと思われるが、とても扱いやすい加速です。ムォ~ン、っと車内も超静か。これは快適。サスペンションもゴツゴツ感少なく、非常にマイルドです。が、グニュッとしているわけでもなく、非常にしっかりとした感触です。ノーマルXVと比べて、100kg位車重が重くなってるので、それがどっしり感を演出してるのかもしれない。高速で110km/hで走ってみたりもしましたが、高速走行でも非常に安定してます。また、150ps程度のNAエンジンだと、100km/h以上の加速は正直厳しいと思っていたのですが、意外にするすると加速していきます。これまたモーターアシストの威力かもしれない。この車の常用域は、せいぜい120km/h位までなので、その範囲であれば、ほぼ十分な性能ですね。

また、購入早々箱根に行ってみました。で、ワインディングを走ってみましたが、SUVにも関わらず、非常にサスはしっかりしている、グニャッと沈むわけではなく、わりとしっかり支えてくれます。ですが路面の凹凸は適度に抑えてくれる。乗り心地と走行性能を高次元でマッチングとってますね。非常にいい感じ。むしろ高級感すらあるね。ま、ワインディングの楽しさは、GRBには及ぶべくもないんだけどね。だが、普通の車としては、十分すぎるくらいのシャシー性能を持っている。大井松田の300Rを120km/hで回っても、全く危なげなく、むしろ安定してます。これは素晴らしい。さすがインプレッサをベースにしただけのことはあるよね~。スバルさんのクルマづくりは堅実だなぁ。

この車の最大の売りであるハイブリッドの効きはどうかというと~、基本モーターは加速のアシスト。なもんで、150psのエンジンとは思えない、トルクフルな走りをしてくれます。とても扱いやすい。で、ブレーキ踏んで減速するときに回生ブレーキで充電してくれます。また、平地だと、ブレーキ踏んで40km/h以下に落ちるとエンジンを切ってモーター走行に切り替わります。で、一定速度で走行する場合は、充電されていればモーターで走り、加速するときにエンジンがかかるような感じ。このモーターからエンジンに切り替わるときに、少し回転が高くなる傾向があって、不自然に飛び出るような加速します。多分、モーターのパワーが不足している気がするんだよな。もっとパワーが有るモーター積んで、少し高い速度(20km/hか30km/h)までモーターで引っ張ってからエンジンに切り替われば、もっと自然になるような気がする。

ただ、アクセル、ブレーキの感触は…どぉも違和感。アクセルの踏力に反して、やたら加速したがるし、ブレーキ踏力も、ちょっと踏んだだけで過剰に効くし。STIのように、踏力にリニアな味付けにして欲しいなぁ。こーいうのが一般車の味付けなのかしらねぇ?また…今までがマニュアルだったせいか…車の制御はマニュアルのほうがやりやすいなぁ…特に坂道、ワインディング等、エンブレが効かないこと…ブレーキ踏めばいいんだろうけど、あんなショボショボディスクブレーキだと、すぐにフェードしそうだしなぁ…しかも、マニュアルモードに変えると、エンジンかかりっぱなしでアイドリングストップしなくなるしなぁ。ガス食うんだよねぇ。もうちょっと、エンブレに回生ブレーキをフル活用するような改良が欲しいなー。

また、千葉から静岡まで往復してみて、高速の燃費を見てみました。総走行距離612km、平均走行スピード100~110km/hくらいで、13.66km/Lでした。う~ん、思ったよりも燃費良くない…まぁ、STIに比べれば十分なんだけど、下道走って12km/L位、高速で14km/L弱って、全然伸びないんだよね。どうも、上り坂で極端に燃費が悪くなる傾向が。水平対向って、やっぱり燃費良くないのかしら。ちなみに、一番燃費が良かったのは、平地での下道を、60km/hでテレテレと定速走行してる時。で、16.6km/Lでした。下道の方が燃費がいいなんてなぁ~。ハイブリッドに高速道路ってのは、相性が悪いのかもしれませんね。

まぁ、SUBARUのHYBRIDも出たばっかり。これからどんどん改良されていくでしょう。さて、少なくとも次のSTIが出るまでは、この車であちこち出没するよ~!!。スタッドレス買って、雪山撮影にも行きたいなぁ。こーいうクルマはこーいうクルマで、いろいろと楽しみますよ~~~!!


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2490, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2013-12-30 (月) 02:24:29
最終更新: 2014-01-14 (火) 01:52:47 (JST) (1198d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード