Back to page

− Links

 Print 

Backup source of Gentoo Linuxな生活​/クラスタサーバ化計画 (No. 2) :: Nest Of Hawk

Backup source of xpwiki:Gentoo Linuxな生活/クラスタサーバ化計画(No. 2)

« Prev[4]  Next »[5]
[[Gentoo Linuxな生活/システム管理関連]]

*玄箱購入のきっかけ [#n4c0712b]
#ref(kurobox.JPG,left,around);
我が家の玄箱近景。この玄箱、とても数奇な運命をたどって、元鞘にたどり着きました。今を去ること1年と3ヶ月前。現サーバのバックアップ(データのバックアップ、機能のバックアップ)をするために、待機系サーバとして24時間電源を入れておくのにいい筐体はないものか、とあれこれ考えて、玄箱に決定したわけですが、ここからが苦難の始まり…
**カーネルが… [#w9b61b77]
機能が足らん。入れ替えがままならぬ。正直おいちゃんが思い描いた待機系サーバにするには、あまりにもチープすぎて、正直魅力を失ってしまったのでス…
**会社で役に立つ [#t7f649f5]
おいちゃんの会社では、組み込み系Linuxの仕事をしていたりします。んで、PowerPC向けバイナリの作成なども行っておりました。クロスコンパイラで実施すれば、話も簡単なのですが、意外にめんどくさい事もありまして、ネイティブにコンパイルできることがメリットだったりすることも多くて、意外に重宝しておりました。
**引っ越して… [#kae29c12]
待機系サーバでなくても、データのバックアップは、やはり必要だよなぁ、ということになりまして、玄箱の復活計画を発動させようということになりまして
**玄箱で2.6が動く? [#p67be378]
という情報をキャッチして、簡単にカーネル入れ替えが出来ることがわかったので、あっさり元の待機系サーバ計画を再発動させたというわけです。
#img(,clear);

*現用機で行われていること [#zdbf1b6e]
#ref(myserver.JPG,right,around);
現用機の機能一覧
-Webサーバ
-SQLサーバ
-DNSサーバ
-メールサーバ
-IMAPサーバ
-SAMBAサーバ
-ビデオ録画サーバ
-Wizdサーバ

以上の機能を果たしております。我が家のネット環境の中核を成していますね。サーバだから当たり前か。
**待機系サーバの意義 [#ubdfa667]
+現用機のダウン時のサービス引継ぎ
+現用機メンテナンス時の一時しのぎなど

当Webページも、アクセス数がそれなりに増えてきたので、サービスを止めるのは少々心苦しい。なので、このバックアップが意味を持つわけです。

**何をバックアップさせるか? [#d1a58bce]
-Webサーバ
-SQLサーバ
-DNSサーバ
-SAMBAサーバ
-Wizdサーバ

MailはDDNSにて、プロバイダ転送を有効にしているため、バックアップは問題なし。DNSはセカンダリDNS機能を有効にしているため、常に2重化構造になっています。Web,SQLサーバは、当HPを遅滞無くサービス継続させたい。SAMBAサーバは、我が家の共有ディスクを稼動させて、一時しのぎ的にでも保存データの読み出しは行わせたいのですな。Wizdは、ネットワークメディアプレーヤでビデオ、映画を見たいから。

ホントはIMAPサーバも引継ぎさせて、メールの読み出しを可能にしたかったのですが、どうやらBerkrayDBに泣かされて、引継ぎがうまく行きませんでした…しかたがない…

*必要機能 [#g1aa39a6]
上記を実現させるためには、以下のことが必要なんっす。
:IPアドレスの自動引継ぎ|メインサーバダウン時、サーバ用IPアドレスを待機系サーバが引き継いでサービスを継続できること
:アドレス引継ぎ時のサービス自動起動|サービスの自動起動、停止をしてくれないと正直こまる…
:データのリアルタイムミラーリング|Webデータは、随時書き換えられていきますから、サービス引継ぎ時に古いデータではとっても困る。また、元に戻ったときに、待機系が書き込んだデータが消失されても困る。なので、ミラーリングが動いてくれると助かる。しかも2台のサーバ間で

これらの要求を満たしてくれるのが、HeartBeatとDRBDです。いやぁ、便利。こいつらの説明は後に譲るとして、これらを利用して、以下を実現します。

-通常状態では、ACTサーバ&データバックアップ用SBYサーバ
-ACTサーバダウン時に、サービスを引き継いでSBY→ACTサーバとして稼動
-ダウンしていたサーバ復旧時には、ACT→SBYサーバに移行して、速やかに通常状態に戻る

さて、次の項から説明してまいりましょう…

« Prev[4]  Next »[5]