Back to page

− Links

 Print 

Backup source of Portageで悩む (No. 1) :: Nest Of Hawk

Backup source of xpwiki:Portageで悩む(No. 1)

  Next »[4]
[[Gentoo Linuxな生活/システム管理関連]]

*Portageとは [#x5f51d28]
Portageとは、GentooLinuxでのパッケージ管理方式の名称です。RedHatなんかのRPMってのと同じようなレイヤですね。このPortageってのは、基本的にpythonスクリプトになっておりまして、あるパッケージを動作させる為に
-他のどのパッケージと依存関係があって
-どのソースファイル、バグ修正パッチを当てて
-どんなコンパイルオプションでパッケージをコンパイルし
-ハードディスクのどこにインストールするのか

といった情報が網羅されています。/etc/make.confを適切に設定しておくと、

 emerge [option] ほげほげ

とパッケージ名称を入れるだけで、そのパッケージを動作させる為のほかのパッケージのインストール、今インストールされているパッケージよりも上のバージョンのパッケージだけアップグレードインストールなど、いろんな動作が出来ます。

*共有?? [#l36f93a2]
Portageシステムってのは、ネットにつながってて、ネットからソースアーカイブをダウンロードしてきてコンパイルする事が前提のシステムです。ですが、非力なマシンでコンパイルするとでかいソース(例えばXWindowシステムなど)はとんでもねぇ時間がかかってしまいます。これは何とかならんもんかなぁ?と考えておりましたところ

 emerge -k ほげほげ

と打つとコンパイル済みバイナリがあるならそれをインストールするそうじゃないですか。で

 emerge -b ほげほげ

と打つと、インストールする際に、コンパイル済みのパッケージをバイナリとして固めてとっておけると。と、言う事はですよ。同じCPUなマシンでネットを組むならば、最も高速なマシンでコンパイルはさせておき、他のPCに配るってのが''非常にナイス ( ̄一* ̄)b''じゃあこれをネットで共有しようって事になりますわな。で、サーバ君はCelron、ノートPCはPentiumM(Ⅲと一緒)、でコンパイルオプションは-mcpu=pentium3を選ぶので、サーバでコンパイルしたパッケージをインストールできれば楽々♪

**Portageの調査 [#c93062ae]
Portageってのはデフォルトで以下のように構成されます
,/usr/portage,portageのpythonスクリプトがつまるところ
,/usr/portage/distfiles,落としてきたソース、パッチが納まるところ
,/usr/portage/packages,emerge -bでコンパイルしたバイナリパッケージが収まるところ
,/var/tmp/portage,コンパイル作業用のワーク
,/var/db/pkg,マシン固有にインストールされたパッケージ情報を管理するところ

となっておりました。ってことはー、各マシン固有なエリアは/varの下。/usr/portageは実は共有可能じゃん!サーバ君でcronで1日1回emerge syncしてportageの最新を落としてきて、portageデータの共有もしてしまえばよいと。こりゃーいい!

**制限事項 [#h1217291]
上のことをやる為には、
-パッケージの依存関係がマッチしている事
-異なるマシンの間で、emerge infoと打って出てくる情報(特にCHOSTS,CFLAGS,USEあたり)が一緒であること

という制約があります。InterLinkXP君は、じつはUSEフラグがマッチしてなかったので、一旦Gentooは再インストールすることにしました。[[InterLinkXPにGentooで悩む]]に戻ったのね(笑)

**バイナリパッケージをリバースする [#je9a4e96]
これに気がついたのは、既にサーバ君にインストールが終わった後だったので、emerge -bコマンドでもう一度コンパイルするのはいやだよなー、と思っていたら、便利なコマンドがありましたよ。
 quickpkg /var/db/pkg/XXX/XXXXX

と打つと、現在インストールされているHDイメージから、/usr/portage/pakcagesにパッケージファイルを構成してくれるそうで。なので以下を実行
 find /var/db/pkg -type d -exec quickpkg {} \;

/var/db/pkg配下のディレクトリ属性を検索して、全部quickpkgに食わせてやる。すると今インストールされている全部のパッケージが再構成されるって訳ですね。

**共有する [#f715d5df]
UNIXでディスクの共有をしようと思ったら、いくつか方法がありますが、私はNFSを使いました。
 emerge nfs

これは共有する側、される側双方にインストールしておきます。~
で以下の設定をします。nfsサーバ側/etc/exportsに以下を書く。
 /usr/portage 共有を許すアドレス(rw,no_root_squash)

書いたら、
 /etc/init.d/nfs start
 /usr/sbin/exportfs -r

exportsに書いた内容を有効にして共有させるようにします。~
次にnfsクライアント側の設定。fstabに以下の行を追加
 NFSサーバアドレス:/usr/portage  /usr/portage nfs noauto.rw 0 0
portageはインストールするときだけにしておきたいので(特にノートPCなので)noautoオプションで自動的にマウントしないようにしておきます。で、
 /etc/init.d/nfsmount start
 mount /usr/portage

さて、これでプロンプトが正常に返ってきて、/usr/portageが見えたら大丈夫。ちなみに私はノートPCのローカルドライブに有った/usr/portage配下は全て削除してしまいました。~
うまくいったら、自動起動に登録しておきます。NFSサーバ側
 rc-update add nfs default

NFSクライアント側
 rc-update add nfsmount default

*コンパイル環境を同期化 [#ub4c24a4]
便利な事に、quickpkgでパッケージを作ると、/usr/portage/packages配下にパッケージを作成したときに使ったmake.confを置いておいてくれます。なので、NFSクライアント側で以下を実行
 cp /usr/portage/packages/make.conf /etc
 ln -sf /etc/make.default /usr/portage/profiles/default-x86-2004.0

*同期環境構築 [#mf0f4026]
いよいよここからです。これから作ろうとしているNFSクライアント側で
 cd /usr/portage
 ./scripts/bootstrap.sh

ブートストラップして、基本環境を構築するデス。3時間ぐらい我慢してください。次に
 emerge -u -k world

にょほほほ~、早い早い。ここまででStage3の状態がサーバと同期したことになります。サーバとノートPCは性格が違うので、インストールするパッケージにも差分が出ます。ということで必要なパッケージだけあとからちまちまとemerge -kでインストールしました。~
ちなみにこの調子でコンパイルに時間がかかるX,Gnome,Emacs等もインストールしてしまいましたわ。ただしここまでにたどり着くまでにノートPC3~4回ぐらい再インストール(bootstrap.shを打ったって事)しましたわ。ああ、2日ぐらい費やした事になるなー←馬鹿?次にやるときはこの方法に則ります。うん。


  Next »[4]