Back to page

− Links

 Print 

Backup diff of プロバイダメールのサーバ集約で悩む (No. 1) :: Nest Of Hawk

Backup diff of xpwiki:プロバイダメールのサーバ集約で悩む(No. 1)

  Next »[4]
1: 2009-08-19 (Wed) 01:21:07 maruo[5] source[6]
Line 1: Line 1:
 +[[Gentoo Linuxな生活/サーバ設定関連]]
 +*せっかく [#mfb207f5]
 +結構強固なメールサーバを立てたのですから、はっきり言って、プロバイダのメールってもういらんのですよな。あとはLDAPを強化するぐらいでさ。~
 +SPAMフィルタもウィルスフィルタもあるんなら、そっちに移行したいのが人情ですよね。
 +
 +*Fetchmailでメールを取ってくる [#k993face]
 +プロバイダのメールをPOP3でとってきて、自分とこのサーバのMTAに流し込んでやれば、プロバイダ宛のメールもウィルスチェックしてくれるわけ。SPAM対策にもなるしね。と、言うわけで、これをやってくれるソフトがFetchmailです。
 +
 +**Fetchmailインストール [#me3ee097]
 + emerge -b fetchmail
 +
 +完了♪
 +**設定します [#bbbca40f]
 +自分のアカウントのホームディレクトリに.fetchmailrcというファイルを作ってやり、これにfetchmailが動作するユーザごとの設定を書き込んでやります。私の設定はこんな感じ。
 + defaults
 + protocol pop3
 + flush   ←サーバにメールを残しておく場合はkeep指定
 + no mimedecode
 + smtphost サーバホスト名
 +
 + poll POPサーバ user ユーザ名 password パスワード is ローカルユーザ名 here
 +
 +プロバイダのプロトコルPOP3,メールはとってきた後削除、MIMEヘッダデコード無し、smtp送信するホストは自分のサーバ、あとはPOPサーバにユーザ名、パスワードで問い合わせ、ローカルホスト(here)のローカルユーザ宛に転送すると。~
 +これだけ。で、fetchmailコマンドを実行すると、メールを取ってきてくれる様が解るはず。~
 +うまくいったら、定期起動に設定します。fetchmailデーモン化も出来るんですが、fetchmailごときをメモリに常駐させたくなかったので、個人のcrontabに書き込んでやります。
 +
 +cronグループに、ユーザcrontabを利用したいユーザを追加して、
 + $ crontab -e
 +
 + 以下の行を書き込む
 + */15 * * * * /usr/bin/fetchmail >/dev/null
 +
 +あっさり。15分毎に起動設定でよしとしました。
 +
 +*Cyrus-imapdの自動振り分け機能を使ってみる。 [#cf86f2d6]
 +Cyrus-imapdには、受信メールを自動振り分けするsieveという機能があります。コレを利用するために、timsievedにアクセスするクライアントの機能を使用いたします。これには、[[SquirrelMailのプラグイン:http://www.squirrelmail.org/plugin_view.php?id=73]]を利用して行うことにします。
 +**timsievedのための設定変更 [#f4d8d6b8]
 +
 +/etc/postfix/main.cfの
 + mailbox_transport = cyrus
 +                               ↓変更
 + mailbox_transport = lmtp:unix:/var/imap/socket/lmtp
 +
 + fallback_transport = cyrus
 +                               ↓変更
 + fallback_transport = lmtp:unix:/var/imap/socket/lmtp
 +
 +で、先ほどの[[プラグインダウンロードページ:http://www.squirrelmail.org/plugin_view.php?id=73]]でダウンロードしたプラグインを、squirrelmailがインストールされているディレクトリ(デフォルトだと/var/www/localhost/htdocs/squirrelmail)のpluginsディレクトリの下に展開します。avelsieveというディレクトリに展開されますので、そこに移り、config_sample.phpをconfig.phpとコピーします。基本的には何もいじらないで動く筈ですが、おいちゃんは、暗号化パスワードしか許さない設定にcyrus-imapdをしているので、
 +
 + $preferred_mech = "DIGEST-MD5";
 +
 +に変更しております。で、再度squirrelmailのconfigureを起動します。
 + SquirrelMail Configuration : Read: config.php (1.4.0)
 + ---------------------------------------------------------
 + Main Menu --
 + 1.  Organization Preferences
 + 2.  Server Settings
 + 3.  Folder Defaults
 + 4.  General Options
 + 5.  Themes
 + 6.  Address Books (LDAP)
 + 7.  Message of the Day (MOTD)
 + 8.  Plugins
 + 9.  Database
 +
 + D.  Set pre-defined settings for specific IMAP servers
 +
 + C.  Turn color on
 + S  Save data
 + Q  Quit
 +
 + Command >>
 +
 +8 pluginsを選びます。
 + SquirrelMail Configuration : Read: config.php (1.4.0)
 + ---------------------------------------------------------
 + Plugins
 +  Installed Plugins
 +   1. secure_login
 +   2. admin_add
 +   3. administrator
 +   4. abook_import_export
 +   5. address_add
 +   6. avelsieve
 +
 +  Available Plugins:
 +   7. gpg
 +   8. info
 +   9. translate
 +   10. squirrelspell
 +   11. spamcop
 +   12. filters
 +   13. calendar
 +   14. abook_take
 +   15. fortune
 +   16. retrieveuserdata
 +   17. newmail
 +   18. ldapuserdata
 +   19. bug_report
 +   20. compatibility
 +   21. sent_subfolders
 +   22. show_ssl_link
 +   23. mail_fetch
 +   24. listcommands
 +   25. message_details
 +   26. delete_move_next
 +
 + R  Return to Main Menu
 + C.  Turn color on
 + S  Save data
 + Q  Quit
 +
 + Command >>
 +
 +有効にしたいプラグインの番号を選択すると、Installed pluginsに移動します。avelsieveが有効になってるのがわかりますね?ついでに、secure_loginって奴(これはデフォルトで付いている)が、http://でアクセスしても、自動的にhttps://に買えてくれるプラグイン。これも有効にしました。
 +
 +#ref(sieve.jpg,right,around);
 +うまくいくと、右の画像のようなインタフェースが表示されます。日本語化されていないので、英語で表示されますが、難解なsieveをせこせことエディタで編集するよりもぜんぜんまし。しかもhomeディレクトリに.sieveと言うファイルを置いて、振り分けを行うような設定も出来るのですが、それだとホームディレクトリのパーミッションを変更しないといけないので、あまりおいしくない。そう考えたらこっちのほうが数倍便利です。是非とも使ってみてくだされ♪
 +#img(,clear);
  Next »[4]