Back to page

− Links

 Print 

Backup diff of Gentoo Linuxな生活​/CACTIで悩む vs current(No. 2) :: Nest Of Hawk

Backup diff of xpwiki:Gentoo Linuxな生活/CACTIで悩む vs current(No. 2)

« Prev[4]  Next »[5]
2: 2010-11-28 (Sun) 01:14:36 maruo[6] source[7]
Attached file: cacti.png
Cur: 2013-02-06 (Wed) 02:28:30 maruo[6] source[8]
Line 16: Line 16:
 データベースをまず作成する。  データベースをまず作成する。
 # mysqladmin -u root -p create cacti  # mysqladmin -u root -p create cacti
 + 
 作成したデータベースにユーザ権限を設定する  作成したデータベースにユーザ権限を設定する
 # mysql -u root -p  # mysql -u root -p
Line 23: Line 23:
 mysql> flush privileges;  mysql> flush privileges;
 mysql> q  mysql> q
 + 
 テーブルを設定する  テーブルを設定する
 # mysql -p cacti < <cactiをインストールしたディレクトリ>/cacti.sql  # mysql -p cacti < <cactiをインストールしたディレクトリ>/cacti.sql
Line 53: Line 53:
*カスタマイズ [#x3d52a9a] *カスタマイズ [#x3d52a9a]
**アクセスしてみて、監視設定を行ってみる。 [#pa7b47f6] **アクセスしてみて、監視設定を行ってみる。 [#pa7b47f6]
-ブラウザで、http://サーバ名/<cacitのインストール先>にアクセスしてみましょう。cactiの初期設定画面が出てまいります。そこから先の設定は…例えば[[StackAstarisk SNMPによるネットワークシステムの監視第5回:Cactiの利用>http://www.stackasterisk.jp/tech/systemManagement/snmp05_01.jsp]]とか見ると、グラフィカルで分かりやすいですね。参照して設定してみてください。+ブラウザで、http://サーバ名/<cacitのインストール先>にアクセスしてみましょう。cactiの初期設定画面が出てまいります。そこから先の設定は…例えば[[RRDTool+Cactiによるサーバ監視(Linux編)>http://www.aconus.com/~oyaji/suse9.3/cacti_linux.htm]]とか見ると、グラフィカルで分かりやすいですね。参照して設定してみてください。
**poller(周期監視処理)を設定する [#t570474b] **poller(周期監視処理)を設定する [#t570474b]
せっかくspine設定したから、それ使用したいですよね。こんな感じ。 せっかくspine設定したから、それ使用したいですよね。こんな感じ。
Line 61: Line 61:
以上です。 以上です。
**CPU温度とHDD温度のグラフつくってみる。 [#y60d6c90] **CPU温度とHDD温度のグラフつくってみる。 [#y60d6c90]
-さっきの、[[StackAstarisk SNMPによるネットワークシステムの監視第6回:Cactiの応用設定>http://www.stackasterisk.jp/tech/systemManagement/snmp06_01.jsp#1]]に分かりやすく書いてありますね。やってみてやってください。ヒントは、[[先ほど設定したextTableのMIBオブジェクト>Gentoo Linuxな生活/SNMPで悩む#tdcbac53]]は、.1.3.6.1.4.1.2021.8.1、出力を取得できるextResultオブジェクトは、.1.3.6.1.4.1.2021.8.1.100あたりから取得できるっすよー。+さっきの、[[RRDTool+Cactiによるサーバ監視(Linux編)>http://www.aconus.com/~oyaji/suse9.3/cacti_linux2.htm]]に分かりやすく書いてありますね。やってみてやってください。ただし私は、SNMP経由で取得としてます。ヒントは、[[先ほど設定したextTableのMIBオブジェクト>Gentoo Linuxな生活/SNMPで悩む#tdcbac53]]は、.1.3.6.1.4.1.2021.8.1、出力を取得できるextResultオブジェクトは、.1.3.6.1.4.1.2021.8.1.100あたりから取得できるっすよー。
**できたグラフを、HTMLページにExportしてみる [#y1e7fcb8] **できたグラフを、HTMLページにExportしてみる [#y1e7fcb8]
Line 73: Line 73:
*結果 [#s951dd43] *結果 [#s951dd43]
こんな感じね。ちなみに、CACTI自体は、家からしかアクセス出来ないように設定してあります。外部参照用には、Exportしたグラフを見るようにしてあります。 こんな感じね。ちなみに、CACTI自体は、家からしかアクセス出来ないように設定してあります。外部参照用には、Exportしたグラフを見るようにしてあります。
 +
&ref(cacti.png); &ref(cacti.png);
 +
 +*追記:10Gbyte超えメモリだと、グラフ化されない件 [#qbb53e56]
 +Cactiで、デフォルトでData Templates→ucd/net - Memory - Buffersやucd/net - Memory - Cache、ucd/net - Memory - Freeを使用してメモリ使用率を取得すると、10Gbyteを超えるメモリの使用率がグラフ化されません。
 +
 +**なんでか~? [#j01d4624]
 +よくよく調べた所、Maximum Valueが10Gbyteに制限されているんですね。この欄にUを設定して見てください。10Gbyte超えの領域がモニタリングされるようになります。
 +**それでもダメな場合 [#i41e1df0]
 +rrdtoolで取得されているデータベース側の属性を変えてやります。rrdtoolで収集されたデータベースは、<cactiのWebソースがあるディレクトリ>/rra配下にあります。この下にある、メモリ使用率を収集しているファイルの属性を変えてやります。メモリ使用率を収集しているファイルは、CactiメニューのData Sources→メモリ収集しているデータ・ソースのData Source Path項目に記述されております。で、このファイル名が仮にhost_mem_buffers_28.rrd,host_mem_free_29.rrd,host_mem_cache_30.rrdとします。こいつらの属性をコマンドラインで変更してやります。
 + # sudo rrdtool tune host_mem_buffers_28.rrd -a mem_buffers:U
 + # sudo rrdtool tune host_mem_cache_30.rrd -a mem_cache:U
 + # sudo rrdtool tune host_mem_free_29.rrd -a mem_free:U
 +
 +これできちんととられるようになりました。ホッ
« Prev[4]  Next »[5]