Back to page

− Links

 Print 

Backup source of make.confで悩む (No. 2) :: Nest Of Hawk

Backup source of xpwiki:make.confで悩む(No. 2)

« Prev[4]  Next »[5]
[[Gentoo Linuxな生活/システム管理関連]]

*make.confって? [#s1ebc380]
make.confはGentooがパッケージをコンパイルする場合のコンパイルパラメータを制御する設定ファイルです。これをいろいろいじくると、コンパイルバイナリの出来が変わったり、依存関係が変化したりします。このUSEフラグが結構曲者で、最初にどんなものをインストールしたいかを明確に定めておかないと、パッケージを作り直したりするはめになります。

*設定項目いろいろ [#d7b30790]
**CHOSTS,CFLAGS,CXXFLAGS [#of93fdec]
Gentooといえば、コンパイルして最適を作るのが王道。やはりバイナリは最適な奴でないとね♪
基本的にCXXFLAGSはCFLAGSと同じでいいハズ。CXXFLAGS=CFLAGSね。コンパイル始める前に''/proc/cpuinfo''みてインストールするPCのCPUは調べましょう。
[[CPUに適切なCFLAGSはココ:http://gentoo-wiki.com/Safe_Cflags#]]を見ると便利です。ちなみに、gcc4.0以上から、x86/x86_64については、-march=nativeってのを選べるようになりました。これを使うと、何も考えなくても、最適なコンパイルオプションを選択してくれます。~

ただし、distccを使用して、並列コンパイルを行うとき、同じCore2でも、Core2Duo、Corei7、Atomでは、コンパイルオプションが異なるので、展開して書いておいてやる必要があります。調べたいよねーということで、こんなことやるとわかります。

 #gcc -E -v -march=native -
 Using built-in specs.
 Target: x86_64-hawk-linux-gnu
 コンフィグオプション: /var/tmp/portage/sys-devel/gcc-4.3.2-r3/work/gcc-4.3.2/configure --prefix=/usr --bindir=/usr/x86_64-hawk-linux-gnu/gcc-bin/4.3.2 --includedir=/usr/lib/gcc/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/include --datadir=/usr/share/gcc-data/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2 --mandir=/usr/share/gcc-data/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/man --infodir=/usr/share/gcc-data/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/info --with-gxx-include-dir=/usr/lib/gcc/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/include/g++-v4 --host=x86_64-hawk-linux-gnu --build=x86_64-hawk-linux-gnu --disable-altivec --disable-fixed-point --enable-nls --without-included-gettext --with-system-zlib --disable-checking --disable-werror --enable-secureplt --enable-multilib --enable-libmudflap --disable-libssp --enable-libgomp --disable-libgcj --enable-languages=c,c++,treelang,fortran --enable-shared --enable-threads=posix --enable-__cxa_atexit --enable-clocale=gnu --with-bugurl=http://bugs.gentoo.org/ --with-pkgversion='Gentoo 4.3.2-r3 p1.6, pie-10.1.5'
 スレッドモデル: posix
 gcc version 4.3.2 (Gentoo 4.3.2-r3 p1.6, pie-10.1.5)
 COLLECT_GCC_OPTIONS='-E' '-v'
  /usr/libexec/gcc/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/cc1 -E -quiet -v - -march=core2 -mcx16 -msahf --param l1-cache-size=32 --param l1-cache-line-size=64 -mtune=core2
 存在しないディレクトリ "/usr/local/include" を無視します
 存在しないディレクトリ "/usr/lib/gcc/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/../../../../x86_64-hawk-linux-gnu/include" を無視します
 #include "..." の探索はここから始まります:
 #include <...> の探索はここから始まります:
 /usr/lib/gcc/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/include
 /usr/lib/gcc/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/include-fixed
 /usr/include
 探索リストの終わり

/usr/libexec/gcc/x86_64-hawk-linux-gnu/4.3.2/cc1の行をみると、-march=以降、nativeが展開されていますね~。Core2Duoの場合は、上記が最適オプションみたいよ。make.confに書いといてあげましょう。


*ネットはPROXY経由だい! [#c1be4615]
という人は、
 HTTP_PROXY="http://プロキシーサーバー:ポート"
 FTP_PROXY="http://プロキシーサーバー:ポート"
 RSYNC_PROXY="http://プロキシーサーバー:ポート"
を追加しておくとよい

*設定すると便利なUSEフラグ [#zd2d479e]
まず、デフォルトのUSEフラグの設定は、
 emerge info

と打つと出てきます。USE=ってとこですね。[[ココ:http://www.gentoo.org/dyn/use-index.xml]]に全て載ってます。意味は確認してくださいね。/usr/portage/profiles/use.descにも最新があります。こっちを見てチェックするのが賢いかもね~。何を入れたいかは自分の好みなんですけど、これは入れておくと便利!ってやつを。

,cjk,多国籍パッケージ対応 日本語なんかは入れておくと対応してくれるかも。
,ithreads,スレッドを使う。Pentium4HTなんかには有利かもしんない。しかしPerlしか使わないかも??
,sse,浮動小数点演算拡張を使う。Intel系CPUはいいかも?
,nptl,NativePosixThreadを使う。Thread系処理が高速化される。しかし、これをやるとLinux2.6しかチョイスできないから注意

*並列コンパイル数 [#s16ef5b6]
(CPU数+1)×2ぐらいが最適値なんだそうです。
 MAKEOPTS="-j11"

*言語選択 [#rd7ef9b9]
日本人なので、日本語選びましょう。
 LINGUAS="ja"

*複数ホストで分散コンパイルする場合は、これを付けときましょう。 [#j3b2bd02]
 FEATURE="distcc"

ちなみに、おじさんは、Core2Duoと、Atom N330のマシン2台で分散コンパイル環境を構築です。なので、MAKEOPTSも、Core2がCPU2つ、AtomN330が4つ、で16なんだけど、コンパイル振り分けにパワー食うので-j11ぐらいで抑えているのですね。


« Prev[4]  Next »[5]