Gentoo Linuxな生活​/アプリケーション関連

emacsでメールを読む?? anchor.png

おいちゃんがUNIXを触り始めた当初、メールを読もうとすると、/bin/mail,mhといったウルトラチープな環境しかありませんでした。そこに登場したemacs。これらのコマンドを使って、インタラクティブにメールが読める環境を提供してくれたですよ。なので、文字メディアを読もうとしたらemacsだったのです。で、私emacs+mewな環境でやっていたんですよね。当時(8年前)最も高機能なメーラはこの組み合わせでした。が、最近は違いますね。MSOutlookExpressや、電信8号、AlMail,Becky!など、グラフィカルでマウスベースな奴が一般的。
で、私も今までOutlookExpressを使ってました。結局時代の波に飲まれたのと、hotmailを利用するようになったからです。
ただ、コレをしばらく利用してて、気が付いたことがあります。

  • セキュリティ的によくターゲットにされる
  • OS再インストール時にメールの移行がめんどーくさい

まあお手軽で使いやすいんですけどね、ちょいとここはどうもね。あと、メールヘッダのX-MailerにMS OutlookExpress XXXXと入るのがホントは気に食わない(笑)と、言うわけで、時代ではなさそうですが、あえてemacsのメーラに戻ってみようと思った次第です。

Page Top

emacsなメーラ anchor.png

emacsにてメールを読む場合、代表的なやつは以下。

mail
何も工夫がないメール。おいちゃんも最初はココからはいりました。ですがすぐにmhに移行
mh
mailの次にメジャーになったメーラ。mh-mailというパッケージ群のソフトがあり、emacs-mhはそいつのフロントエンド。メールメッセージが1つづつ別々のテキストファイルで管理されて、とっても便利だった。メールソフトの基礎を築きましたな。
mew
mhの次に出た、山本和彦氏が作ったスーパーメジャーメーラ。当時の陳腐なmhにプラスして、メール自動仕分け機能、MIME編集機能が標準搭載された、当時としては革命的に使いやすかったメーラです。今はMIMEなんていわれてもピンと来ないでしょうが、当時は添付ファイルを送るのに一苦労だったんです。その添付ファイル送信インタフェースがMIMEで、MIMEエンコードされたメールを作りやすくした最初のemacs用メーラですね。
Wanderlust
mewの不満点を改良すべく作られたメーラ。ある意味mewは堅気、wandarlustは当たらし物好き、といった趣向のよう。IMAP前提メーラなので、IMAPを活用するにはmewより使い心地いいなー
SEMI-gnus
SEMIと呼ばれる汎用MIMEエディットインタフェースと、gnusと呼ばれるemacs上のニュースリーダを組み合わせてメーラとして使うタイプ。最近の流行は、メール、ニュース、WWWなどの電子活字メディアを統合的に使うのがWindowsメーラでも、UNIXメーラでも標準で、昔のようにメーラ、ニュースリーダといったくくりが無くなって、どっちも同じようになってきたみたいですね。

と、まぁこんな感じ。で、おいちゃんはどうしたか!やっぱね、昔を懐かしんでMew!とするつもりが大きな課題が発生。IMAPの日本語フォルダが日本語で読めん!おいちゃんはgentooStableなVer3.3を使ってみたのですが、その性かな?で、Wanderlustに落ち着きました。(゚Д゚)ノ ァィ なぜかというと、IMAP&日本語フォルダでググッてみたところ、emacs上ではコレしかひっかかんなかったからです。よく考えられてますね。

Page Top

wanderlustインストール anchor.png

$ emerge -b wanderlust w3m-emacs

w3m-emacsは、HTMLメールが読めるようにするためです。俺はテキストオンリーだぜ!な硬派なひとは要らないです。

Page Top

infoを一読… anchor.png

emacs立ち上げてESC→x info(これを良くM-x infoと書きますな。MはMetaの意味)。すると、wanderlustの日本語infoファイルがあります。これを見ながら設定をせこせことやっていけばいい。で、どんな機能があるのか一読。お気に入りポイント

  • IMAP日本語フォルダ
  • 複数サーバ対応
  • POP,IMAP,ニュースサイトなどの違いを一切意識せず管理できる
  • 設定によって、「メールがたまってきたら圧縮アーカイブに退避する」「圧縮アーカイブ内のメールを読めるようにする」といった設定がある。こ、これは(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

特に最後の機能は、いろんなメーラでも無いですね。大量メールを捌くにはとても使いでがあります。ただ、設定してみて思ったこと。昔は1日100通ぐらいあったLinux-usersメーリングリストも流量減りましたねー。10通ぐらいしかない。まあWebサイトで情報公開、BBSなどが広がりましたからね。MLの方が柔軟性は高いけど、MLじゃなくても出来るってことだな。

Page Top

.emacsに設定追加 anchor.png

ユーザのホームディレクトリにとりあえず以下の設定を追加してみてるデス。

;HTMLメールを読めるようにする
(require 'mime-w3m)
;日本語infoを読めるようにする
(auto-compression-mode t)
;メールドラフトモードをWandarlustドラフトモードに
(autoload 'wl-user-agent-compose "wl-draft" nil t)
(if (boundp 'mail-user-agent)
    (setq mail-user-agent 'wl-user-agent))
(if (fboundp 'define-mail-user-agent)
    (define-mail-user-agent
      'wl-user-agent
      'wl-user-agent-compose
      'wl-draft-send
      'wl-draft-kill
      'mail-send-hook))
;w3mでグラフィック表示を有効にする
(setq w3m-default-display-inline-images t)

日本語Infoが読めなくて、(auto-compression-mode t)を探すのに結構苦労したデス。あとは、.wlと、.foldersをお好みに書き書きしていけば良いと思われます。おいちゃんの設定はこんな感じ。

;.wl
(setq wl-highlight-highlight-citation-too t)
(setq wl-smtp-posting-server "SMTPサーバ")
(setq wl-nntp-posting-server "NNTPサーバ")
(setq elmo-imap4-default-server "IMAPサーバ")
(setq elmo-imap4-default-authenticate-type 'digest-md5)
(setq elmo-imap4-use-modified-utf7 t)
(setq wl-local-domain "femt.ddo.jp")
(setq wl-message-id-domain "femt.ddo.jp")
(setq wl-stay-folder-window t)
(setq wl-trash-folder "%inbox.ごみ箱")
(setq wl-from "自分のメールアドレス")
(add-hook 'wl-summary-prepared-pre-hook 'wl-summary-expire)
(setq wl-biff-check-folter-list
       '(
        "IMAPフォルダ1"
        "IMAPフォルダ2"
        ))
(setq wl-biff-check-interval 900)
;.folders
%inbox                  "受信箱"
%inbox.送信済みフォルダ "送信済みフォルダ"
+draft                  "下書き"
%inbox.ごみ箱           "ごみ箱"
%inbox.SPAM             "迷惑メール"
友人方{
       %inbox.友達A     "友達A"
}
メーリングリスト{
       *%inbox.ML.gentooJP-users,%inbox.ML.gentooJP-misc       "GentooML"
       %inbox.ML.Linux-users   "Linux-users"
}
;新聞ページ
@yomiuri-html /
@impress /

まあ、設定は例なので、適宜やってみてくだされ。おいちゃんの運用は、

  1. 基本はIMAPサーバで
  2. たまってきたら定期的にアーカイブに落とす まだ、流量が多くないので、自動アーカイブする設定にはなっていませんが、そのうちやるつもりです。
Page Top

使用感 anchor.png

M-x wlで起動します。おいちゃんは昔っからの慣れで、Ctrl+x Ctrl+mでwlが起動するようキーバインドしなおしました。SPACEキーで基本的に操作が出来るのでなかなかラクチン♪mewのキー操作で大体できるので、おいちゃんはあまり違和感ないなー。
emacsのメーラとしてmewに慣れていた身からすると、wanderlustはなかなかいいネ♪機能が豊富で柔軟な設定が出来るのがイイ(・∀・д・)クナイ!。全てのフォルダを区別無く使えるので、適切な設定が出来ていれば必要なメールの整理が簡単にできます。ただ、コレも万人受けはしませんなー。

  1. マウスベースなインタフェースでないので、直感的に解りづらく、キーバインドを覚えるのが大変。おいちゃん未だにヘルプ見ながらやってます。
  2. 最近HTMLと直リンク張れますが、このリンククリックでブラウザに飛ぶアクションは、やはり出来ん。UNIXとWindowsですから相容れませんね。

その代わり、いい事もあって、

  1. メール書くときの引用、編集はさすがエディタだけあって強力!
  2. テキストでメールが残せるので、ページャ、メモ帳、Windowsエディタ等、どんなツールでもメールが後で読めるのが良い♪

と、どっちもどっち。結局完全無欠!ってのはなかなか見つからないところです。いいんですよ、自分が使う環境は自分が満足すれば。作業効率が自分にとって最高な環境が一番♪


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 19067, today: 3, yesterday: 6
Princeps date: 2009-08-19 (Wed) 02:33:32
Last-modified: 2009-08-19 (Wed) 02:33:32 (JST) (4006d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード