Back to page

− Links

 Print 

Source of Gentoo Linuxな生活​/他のクラウドストレージと同期 :: Nest Of Hawk

Source of xpwiki:Gentoo Linuxな生活/他のクラウドストレージと同期

« Prev[3]  
※NextCloud 13.0.0から、GoogleDrive/DropBoxのサポートが外れてしまいました…。現在(2018/2/12)はGoogleDrive連携が動いておりません。
※検討の末、OneDriveを使用するのが最も良いという結論に達しました。
-私は既にOffice365に加入している
-Windowsとクライアントが一体化している。このため、見た目上の使い勝手は、NextCloud連携と同様の事ができる

*他のクラウドストレージと同期 [#jff7e032]
自分オリジナルのクラウドストレージを使用していて、ふと思ったこと

「大きいサイズのファイルをメールなどで転送するときに使いたいが、自宅のサーバに他人をあまりアクセスさせたくないなぁ」

で、考えて見た結果。
-自分が複数端末でファイル共有するときはNextCloudで
-人の間で共有するときは、外部クラウドストレージ(GoogleDriveやらDropBoxやら)で

できないものかと考えました。結果…ありました。NextCloudに、External storage support てのがありました。ので設定してみます。

*方針 [#xf6d9c3a]
-いくつもクラウドアプリを追加するのは面倒なので、NextCloudに統合し、PCのあるフォルダにファイルを置くと、NextCloud経由でクラウドストレージに
ファイルが行くようにします。
-追加したクラウドストレージは、個人用としておきます。つまり、私のアカウントのクラウドストレージは、私のみが使用できるようにする。他のアカウントも同様

*インストール [#i42c0a37]
**NextCloud側 [#f6272c57]
admin権限でログインし、アプリ管理から、以下を有効にします。
-External Storage Support

で、[[このページ:https://docs.nextcloud.com/server/12/admin_manual/configuration_files/external_storage_configuration_gui.html]]にある設定手順に従って、ストレージを追加します。

私は、GoogleDriveを選択致しました。GoogleDriveの特徴としては以下。
-無償で15GB使用可能。無償のストレージとしては一番ファイルサイズが大きい。
-セキュリティ評価はいまいち。特にGoogleさんがファイルを当局に提供する場合がある、とのこと

さて、ストレージを選ぶ際のポイントは、容量とセキュリティでしょう。私はセキュリティは二の次としました。なぜならば…一時的なファイル交換ストレージで、秘匿性の高い情報を長期間に渡って置いておくつもりがないから。
単なるTempファイルと割り切って使います。

**Windows [#r362fa22]
NextCloudで、個人アカウントにログインすると、上記NextCloudで設定した際の識別名が、ファイル一覧画面に追加されております。このフォルダにアクセスすると、外部ストレージが見えるようになります。

他のNextCloudで同期したフォルダと同様に、GoogleDriveに相当するフォルダも扱う事ができます。

NextCloud同期クライアントに、Windows側で同期するフォルダ-NextCloudで同期するGoogleDriveフォルダの組み合わせを教えてあげます。後は、Windows側でファイルをコピーするとGoogleDriveにも勝手に転送されます。削除すると消えます。

**Android [#b9ced22a]
いつも通りNextCloudクライアントで使用することができます。

**Web [#m649428d]
Nextcloudでユーザログインすると、GoogleDrive識別名のフォルダがあります。ここでファイル操作をすればよい。

*効果 [#ofa14e7c]
-ストレージの違いを意識せずに、シームレスに複数ストレージを使用できるようになった。
-既にインストール済のクライアントに統合されるので、新規に設定する手間が最小限で済む
-NextCloudストレージを、他人に晒すことなくファイル共有ができるようになった

NextCloud、育てると非常に楽しい♪

« Prev[3]