Back to page

− Links

 Print 

Source of emacsでメールな環境にしてみる :: Nest Of Hawk

Source of xpwiki:emacsでメールな環境にしてみる

  
[[Gentoo Linuxな生活/アプリケーション関連]]

*emacsでメールを読む?? [#ab80d4a2]
おいちゃんがUNIXを触り始めた当初、メールを読もうとすると、/bin/mail,mhといったウルトラチープな環境しかありませんでした。そこに登場したemacs。これらのコマンドを使って、インタラクティブにメールが読める環境を提供してくれたですよ。なので、文字メディアを読もうとしたらemacsだったのです。で、私emacs+mewな環境でやっていたんですよね。当時(8年前)最も高機能なメーラはこの組み合わせでした。が、最近は違いますね。MSOutlookExpressや、電信8号、AlMail,Becky!など、グラフィカルでマウスベースな奴が一般的。~
で、私も今までOutlookExpressを使ってました。結局時代の波に飲まれたのと、hotmailを利用するようになったからです。~
ただ、コレをしばらく利用してて、気が付いたことがあります。
-セキュリティ的によくターゲットにされる
-OS再インストール時にメールの移行がめんどーくさい

まあお手軽で使いやすいんですけどね、ちょいとここはどうもね。あと、メールヘッダのX-MailerにMS OutlookExpress XXXXと入るのがホントは気に食わない(笑)と、言うわけで、時代ではなさそうですが、あえてemacsのメーラに戻ってみようと思った次第です。

*emacsなメーラ [#v6949694]
emacsにてメールを読む場合、代表的なやつは以下。
:mail|何も工夫がないメール。おいちゃんも最初はココからはいりました。ですがすぐにmhに移行
:mh|mailの次にメジャーになったメーラ。mh-mailというパッケージ群のソフトがあり、emacs-mhはそいつのフロントエンド。メールメッセージが1つづつ別々のテキストファイルで管理されて、とっても便利だった。メールソフトの基礎を築きましたな。
:mew|mhの次に出た、山本和彦氏が作ったスーパーメジャーメーラ。当時の陳腐なmhにプラスして、メール自動仕分け機能、MIME編集機能が標準搭載された、当時としては革命的に使いやすかったメーラです。今はMIMEなんていわれてもピンと来ないでしょうが、当時は添付ファイルを送るのに一苦労だったんです。その添付ファイル送信インタフェースがMIMEで、MIMEエンコードされたメールを作りやすくした最初のemacs用メーラですね。
:Wanderlust|mewの不満点を改良すべく作られたメーラ。ある意味mewは堅気、wandarlustは当たらし物好き、といった趣向のよう。IMAP前提メーラなので、IMAPを活用するにはmewより使い心地いいなー
:SEMI-gnus|SEMIと呼ばれる汎用MIMEエディットインタフェースと、gnusと呼ばれるemacs上のニュースリーダを組み合わせてメーラとして使うタイプ。最近の流行は、メール、ニュース、WWWなどの電子活字メディアを統合的に使うのがWindowsメーラでも、UNIXメーラでも標準で、昔のようにメーラ、ニュースリーダといったくくりが無くなって、どっちも同じようになってきたみたいですね。

と、まぁこんな感じ。で、おいちゃんはどうしたか!やっぱね、昔を懐かしんでMew!とするつもりが大きな課題が発生。''IMAPの日本語フォルダが日本語で読めん!''おいちゃんはgentooStableなVer3.3を使ってみたのですが、その性かな?で、Wanderlustに落ち着きました。(゚Д゚)ノ ァィ なぜかというと、IMAP&日本語フォルダでググッてみたところ、emacs上ではコレしかひっかかんなかったからです。よく考えられてますね。

*wanderlustインストール [#fc761ad1]
 $ emerge -b wanderlust w3m-emacs
w3m-emacsは、HTMLメールが読めるようにするためです。俺はテキストオンリーだぜ!な硬派なひとは要らないです。

**infoを一読… [#l3078282]
emacs立ち上げてESC→x info(これを良くM-x infoと書きますな。MはMetaの意味)。すると、wanderlustの日本語infoファイルがあります。これを見ながら設定をせこせことやっていけばいい。で、どんな機能があるのか一読。お気に入りポイント
-IMAP日本語フォルダ
-複数サーバ対応
-POP,IMAP,ニュースサイトなどの違いを一切意識せず管理できる
-設定によって、「メールがたまってきたら圧縮アーカイブに退避する」「圧縮アーカイブ内のメールを読めるようにする」といった設定がある。こ、これは(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

特に最後の機能は、いろんなメーラでも無いですね。大量メールを捌くにはとても使いでがあります。ただ、設定してみて思ったこと。昔は1日100通ぐらいあったLinux-usersメーリングリストも流量減りましたねー。10通ぐらいしかない。まあWebサイトで情報公開、BBSなどが広がりましたからね。MLの方が柔軟性は高いけど、MLじゃなくても出来るってことだな。
**.emacsに設定追加 [#i1d78eca]
ユーザのホームディレクトリにとりあえず以下の設定を追加してみてるデス。
 ;HTMLメールを読めるようにする
 (require 'mime-w3m)
 ;日本語infoを読めるようにする
 (auto-compression-mode t)
 ;メールドラフトモードをWandarlustドラフトモードに
 (autoload 'wl-user-agent-compose "wl-draft" nil t)
 (if (boundp 'mail-user-agent)
     (setq mail-user-agent 'wl-user-agent))
 (if (fboundp 'define-mail-user-agent)
     (define-mail-user-agent
       'wl-user-agent
       'wl-user-agent-compose
       'wl-draft-send
       'wl-draft-kill
       'mail-send-hook))
 ;w3mでグラフィック表示を有効にする
 (setq w3m-default-display-inline-images t)
日本語Infoが読めなくて、(auto-compression-mode t)を探すのに結構苦労したデス。あとは、.wlと、.foldersをお好みに書き書きしていけば良いと思われます。おいちゃんの設定はこんな感じ。
 ;.wl
 (setq wl-highlight-highlight-citation-too t)
 (setq wl-smtp-posting-server "SMTPサーバ")
 (setq wl-nntp-posting-server "NNTPサーバ")
 (setq elmo-imap4-default-server "IMAPサーバ")
 (setq elmo-imap4-default-authenticate-type 'digest-md5)
 (setq elmo-imap4-use-modified-utf7 t)
 (setq wl-local-domain "femt.ddo.jp")
 (setq wl-message-id-domain "femt.ddo.jp")
 (setq wl-stay-folder-window t)
 (setq wl-trash-folder "%inbox.ごみ箱")
 (setq wl-from "自分のメールアドレス")
 (add-hook 'wl-summary-prepared-pre-hook 'wl-summary-expire)
 (setq wl-biff-check-folter-list
        '(
         "IMAPフォルダ1"
         "IMAPフォルダ2"
         ))
 (setq wl-biff-check-interval 900)

 ;.folders
 %inbox                  "受信箱"
 %inbox.送信済みフォルダ "送信済みフォルダ"
 +draft                  "下書き"
 %inbox.ごみ箱           "ごみ箱"
 %inbox.SPAM             "迷惑メール"
 友人方{
        %inbox.友達A     "友達A"
 }
 メーリングリスト{
        *%inbox.ML.gentooJP-users,%inbox.ML.gentooJP-misc       "GentooML"
        %inbox.ML.Linux-users   "Linux-users"
 }
 ;新聞ページ
 @yomiuri-html /
 @impress /

まあ、設定は例なので、適宜やってみてくだされ。おいちゃんの運用は、
+基本はIMAPサーバで
+たまってきたら定期的にアーカイブに落とす
まだ、流量が多くないので、自動アーカイブする設定にはなっていませんが、そのうちやるつもりです。
**使用感 [#o1b7f152]
M-x wlで起動します。おいちゃんは昔っからの慣れで、Ctrl+x Ctrl+mでwlが起動するようキーバインドしなおしました。SPACEキーで基本的に操作が出来るのでなかなかラクチン♪mewのキー操作で大体できるので、おいちゃんはあまり違和感ないなー。~
emacsのメーラとしてmewに慣れていた身からすると、wanderlustはなかなかいいネ♪機能が豊富で柔軟な設定が出来るのがイイ(・∀・д・)クナイ!。全てのフォルダを区別無く使えるので、適切な設定が出来ていれば必要なメールの整理が簡単にできます。ただ、コレも万人受けはしませんなー。
+マウスベースなインタフェースでないので、直感的に解りづらく、キーバインドを覚えるのが大変。おいちゃん未だにヘルプ見ながらやってます。
+最近HTMLと直リンク張れますが、このリンククリックでブラウザに飛ぶアクションは、やはり出来ん。UNIXとWindowsですから相容れませんね。~

その代わり、いい事もあって、
+メール書くときの引用、編集はさすがエディタだけあって強力!
+テキストでメールが残せるので、ページャ、メモ帳、Windowsエディタ等、どんなツールでもメールが後で読めるのが良い♪

と、どっちもどっち。結局完全無欠!ってのはなかなか見つからないところです。いいんですよ、自分が使う環境は自分が満足すれば。作業効率が自分にとって最高な環境が一番♪

  

  • Backup source of emacsでメールな環境にしてみる(No. All)
    • Cur: 2009-08-19 (Wed) 02:33:32 maruo[3]