Back to page

− Links

 Print 

Source of GentooLinuxな生活​/cyrus-imapdのレプリカで悩む :: Nest Of Hawk

Source of xpwiki:GentooLinuxな生活/cyrus-imapdのレプリカで悩む

« Prev[3]  
[[Gentoo Linuxな生活/サーバ設定関連]]

*メールをバックアップしますよ!! [#yf4372d3]
メールは、消えてしまうと結構痛い!!せっかくACT/SBYクラスタサーバとかあるわけですし、cyrus-imapdには、レプリケーションって機能があります。ですので、ぜひとも実行してみようと。いうことです。

*cyrus-imapdをレプリカ対応にする。 [#of61c31f]
**USEフラグ [#yc0e65bd]
package.useを開いて、以下を追加します。

 net-mail/cyrus-imapd replication

んで、

 # emerge --newuse vuD world

でまずはインストール完了。


*設定 [#nafacbcf]
/usr/share/doc/cyrus-imapd-X.X.XX/html/配下に、{{install-replication.html|install-replication.html}}
てのがあります。こちらをご参照してね。これに従ってやっていくのですが、以下のように。 

**予備知識 [#n1f1c0ab]
:マスタサーバ|通常運用するIMAPサーバ。このサーバの情報をレプリカする
:レプリカサーバ|マスタサーバの情報をコピーするサーバ。この人は、普段は運用されないようにしておく。ていうのも、マスターが死んだあと、復活してくるとまた上書きされるから。

**マスタ/レプリカサーバ共通設定。 [#j9bcc5f5]
/etc/servicesに、以下を追記します。
 csync           2005/tcp

**レプリカサーバ設定 [#e2fafc09]
/etc/cyrus.confの、SERVICESセクション({}に囲まれているところ)に以下の行を追加するですよ。
 SERVICES {
 
   #その他、pop3/imap/pop3s/imapsの設定やらやら。 
 
   syncserver    cmd="/usr/lib64/cyrus/sync_server" listen="csync"
 
   #他にも設定やらやら
 }

また、saslpasswd2で、cyrus管理者のパスワード(cyrusのデフォルトだと、cyrusさんかな)を設定しておいてやります。[[ここ>メール+IMAPで悩む#zc8d8469]]参照ね。

**マスタサーバ側 [#l5fc69bc]
/etc/imapd.confに、以下を追加してやります。

 sync_host: <レプリカサーバホスト名>
 sync_authname: <レプリカサーバcyrus-imapd管理者名(ふつうはcyrus)>
 sync_realm: <imapユーザ名の@以下(特に指定なければ、レプリカサーバホスト名)>
 sync_password: <レプリカサーバで設定したcyrus-imapd管理者パスワード>
 sync_log: yes

でおしまい。

**ローリングレプリケーション [#w707a032]
このままだと、マスタサーバ側で、sync-clientコマンドを実行しないといけません。このため、随時バックアップがうまくいくように、マスタサーバ側の/etc/cyrus.confのSTARTセクションに以下の設定を追加

 START {
   # 他の設定やら…
 
    syncclient       cmd="/usr/lib64/cyrus/sync_client -r"
 
   # 他の設定やら…
 
 }

以上です。

*確認 [#dde628fc]
マスタサーバ/レプリカサーバ双方で再起動してやります。するってーと…うまく動いていれば、レプリカサーバ側の/var/spool/imapを見ていると、続々とコピーされていく様がわかります。んで、ローリングバックアップを設定しているので、リアルタイムに変更が反映されるって寸法。これで、マスタサーバがこけた際でも、バックアップを参照すればいいし、いざマスタのメールが消えた場合でも、レプリカサーバをマスタサーバに変更して、コピーを持ってくればいいって寸法。やったね♪

« Prev[3]