Back to page

− Links

 Print 

Source of Webサーバ設定で悩む :: Nest Of Hawk

Source of xpwiki:Webサーバ設定で悩む

« Prev[3]  
[[Gentoo Linuxな生活/サーバ設定関連]]

*Nest of Hawkを立ち上げるために [#gbbdc9a3]
まず、以下のものをインストールしないといけまへん
-apache
-PHP
-MySQL

これらがこのHPの核ですからね。
**apache [#g24dd564]
 emerge apache
 /etc/init.d/apache2 start

さて、サーバにアクセスしてみましょう。apacheのテストWebページが見えましたか?これでまずはOK

**PHP [#vd8f458c]
/etc/portage/package.useの設定はこんな感じ。
 dev-lang/php ftp hash posix  xmlrpc xmlwriter xpm zip-external crypt ctype pcre session unicode exif imap gd json simplexml tokenizer

そして
 emerge php


これでPHP自体と、apacheでPHPを使ったWebページを表示するためのモジュールがインストールされました

*MySQL [#n09e6fc8]
Nest of Hawkはxoopsを使ってます。この人はMySQLを使用しますので、なんとかしなければいけません。
 emerge  mysql


*設定をいじる [#meaa40b7]
**まずはMySQLから [#rdda7720]
MySQLの設定は、特にいじる必要はないとです(5.0.Xね)。で、

 # /etc/init.d/mysql start

mysqlの管理ユーザパスワードを設定します。

 # /usr/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'

で、

 # mysql -u root -p
 > drop database test

mysqlの管理コマンドで、中に試験的にあるtestってデータベースは消しておいてやりましょう。どうせ使わないので…

**php.iniをいじる [#v6298d30]
/etc/phpの配下に、apache2-php5/cli-php5って名称のディレクトリがあります。こいつの下に。php.iniってファイルがあります。apache2-php5は、apacheから起動されるPHPの定義ファイル。cli-php5は、bashなどのコマンドラインから実行する場合のphpの定義ファイル。これが、phpの動作を規定するんですね。PHP5.3以降なんですが、このphp.iniの中の、date.timezoneをいじってあげないと、PHPがごそごそWarning吐きまくります。これを回避するためには、
 date.timezone = "Asia/Tokyo"
を追加してやってください。~
また、例えばファイルのUploadをサポートしたり、UploadできるファイルサイズのMAXが定義できたり。必要に応じて設定してくださいねー

**httpd.confをいじる [#g684a173]
GentooのapacheのデフォルトDocumentRoot(HTTPのファイルを置いておく場所)は、/var/www/localhost/htdocsです。いじるポイントは、/etc/apache2/vhosts.d/default_vhost.includeです。ここを適宜編集してやって。

おいちゃんは、OptionsのIndexesを削除してみてます。

**apacheの起動設定 [#md9b0753]
/etc/conf.d/apache2ってファイルの中をいじってやります。
 APACHE2_OPTS="-D DEFAULT_VHOST -D INFO -D LANGUAGE -D SSL -D SSL_DEFAULT_VHOST -D PHP5"

こんな風にして、SSLとPHP5を有効にしてやってます。

んで
 /etc/init.d/apache2 restart
 rc-update add apache2 default
 rc-update add mysql default

で、まずはapache+mysql+PHP5の基本が整いましたね♪

« Prev[3]