Back to page

− Links

 Print 

Diff of Gentoo Linuxな生活​/KDEで日本語入力に悩む :: Nest Of Hawk

Diff of xpwiki:Gentoo Linuxな生活/KDEで日本語入力に悩む

  
Cur: 2009-08-20 (Thu) 00:12:37 maruo[3] source[4]
Line 1: Line 1:
 +[[Gentoo Linuxな生活/デスクトップ関連]]
 +*KDEでも日本語入力がしたぁい [#j7caf385]
 +立派なデスクトップが構成できたのですから、日本語入力をそつなくこなしてみたいのが人情というもの。せっかくですからね、KDE上のFirefoxから日本語入力して、Webの更新とかしてみたいじゃん。ですので、調べてみました。
 +
 +*GentooJP総本山を訪ねてみる [#ga37528f]
 +そしたらね、あったんですよ。[[ここ:http://wiki.gentoo.gr.jp/index.php?%5B%5B%C6%FC%CB%DC%B8%EC%C6%FE%CE%CF%C0%DF%C4%EA%BB%F6%CE%E3%BD%B8%2Fuim%2Banthy%5D%5D]]に。で、おいちゃんのお気に入りの組合せは、uim+anthyです。anthyの特徴は、サーバ/クライアント型の変換システムではなく、端末ごとに変換エンジンを持つ、いわゆるWindowsなどではごくごくふつーの形式の変換エンジンです。変換のキー操作が、比較的Windowsなどで用いられている変換システムと近いので、キー操作で困らないことと、意外に変換操作が賢いので、結構好んで使用しております。uimは、Xウィンドウシステムの入力メソッドであるXIMとのインタフェースを提供してくれるツールで、さまざまな変換エンジンに対応している模様。最近はuim+anthyで日本語入力環境を構築している人が多い、ように見受けられます。
 +
 +*ではインストールをば [#n8873fc3]
 +KDEではXIMがまともに動作しない模様ですので、immodule for QTを利用するそうです。なのでUSEフラグにimmqt-bcを追加して
 +
 + # emerge --newuse -D world
 +
 +次に、uimとanthyをインストール
 +
 + # emerge uim anthy
 +
 +おしまい。んで、自分のローカルディレクトリに、.xprofileを、以下の感じで作ってみる
 + export XIM="uim-xim"
 + export XMODIFIERS="@im=uim"
 + export GTK_IM_MODULE="uim"
 + export QT_IM_MODULE="uim"
 + exec uim-xim&
 + exec uim-helper-toolbar-gtk-systray &
 + exec uim-toolbar-qt &
 +
 +これだけやったら、KDEにもう一度ログインし直してみる。『a』という文字がパネルに表れましたね。ついでにパネルの上にツールバーが出ましたよね。これで、QTのツール、GTKを使ったツール、Xオリジナルのツール全てで日本語入力が可能になりました。『半角/全角』ボタンで日本語入力の切替えが可能だし。まんまWindows感覚だな~、うん。
  

  • Backup diff of Gentoo Linuxな生活/KDEで日本語入力に悩む(No. All)
    • Cur: 2009-08-20 (Thu) 00:12:37 maruo[3]