Gentoo Linuxな生活​/遊んでみよう

LiveCDを作ろう anchor.png

GentooのLiveCDって、とっても便利。PCがトラぶったときの緊急ブート用CDとして使えるし、あれだけあればPCデータのサルベージにも一応困らないし。まぁ、強いて言うと、いくつか使いづらいところもあるんだけどね。

  • 日付が必ずUTC
  • デスクトップ環境が無いので、レスキューとインストール程度にしか使えない

といった具合で、その他の用途となると少々弱い。ということで、他の用途に使いたい場合は、いろいろ自作が必要になる、と言うわけですね。

Page Top

Catalystをインストール anchor.png

Catalystとは、CiscoのL2スイッチではありません。LiveCDを作成するための自動シェルスクリプトです。非常に便利なのですが、オリジナルでいろいろインストールしようと考えたら、結構厄介な代物でした。なにはともあれインストール。

# USE="doc" emerge catalyst

さて、これでインストールされました。USEにdocを追加する理由は、サンプル設定ファイルがあったほうが、作るのに便利だから、です。

Page Top

LiveCDが出来るまで anchor.png

LiveCDを作成するためには、種が必要なのです。種とはなにか?LiveCDの元となるネタです。分かりやすく言うとベースになるルートファイルシステム全部。CD単体で動くためにはHDと同じ中身が必要なんですね。ですが、CDやDVDには容量制限があるので、その範囲に収まる程度でなければならない。700Mbyte以内か、4.7Gbyte以内。実際には、圧縮ファイルシステムを利用しますから、その倍くらいの内容まではOK。でCatalystではどのように実行されるかと言うと

livecd-stage1stage3イメージを利用して、CD-ROMにインストールされるルートイメージを作る
livecd-stage2livecd-stage1イメージをCD-ROMに書き込めるISOイメージに変換する

となります。

Page Top

Catalystの使い方 anchor.png

Catalystは、Pythonのシェルスクリプトです。様々なオプションを設定できます。が、楽なのはオプションを設定したファイルで一括で読み込ませるのが楽です。実際には

# catalyst -f [設定ファイル]

で、手っ取り早くサボるか、まじめに行うかを選択します。まじめに行う場合は

  1. snapshot(porageの元ね)を作る
  2. stage3→livecd-stage1を作る
  3. livecd-stage1→livecd-stage2(ISOイメージ)を作る

とやります。

手を抜く場合は、

  1. snapshotとstage3をgentooのミラーサイトから取ってくる
  2. catalystが使用する場所にあらかじめ置いておき、livecd-stage2の作業だけする

と言うやり方があります。

どちらもかなり長いので、ドキュメントを改めましょう~


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2051, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2009-08-19 (Wed) 02:10:53
Last-modified: 2009-08-19 (Wed) 02:15:23 (JST) (4088d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード