ふとしたキッカケ anchor.png

Apache httpサーバが2.2系から2.4系にアップデートされた事がキッカケでした。せっかくなので、USEフラグを攻めてみようと。そしたらば…MPMという指定がOFFになっていたのです。ヽ(~~~ )ノ ハテ?MPMってなんだろう?

Multi Processing Moduleという名称からも分かるように、mpmとはapacheの並列処理を行うmoduleです。

ほほう、なるほど…並列処理用のモジュールの指定、ということだったのね。せっかくアップデートするのであれば、ピカピカの状態で使用したい、と言うことで、Apache+PHPの実行環境を攻めて行くこととします。

Page Top

設計指針 anchor.png

  • 入力が捌けなくて落ちない様に、奥(PHPやMySQL)は広く、入り口(Apache)を狭く設定しておく
  • プロセス/スレッド/キャッシュ数は、なるべく理にかなった方法で
Page Top

Apache MPMの設定 anchor.png

Page Top

MPMの種類 anchor.png

ApacheのMPMにはいくつか種類があり、必ず実行プロセスについて1つだけを指定します。同時利用はNGです。さて、どんな種類があるか?

prefork
HTTPリクエストに1つのプロセスを割り当てる。つまり、たくさんのリクエストを同時に捌きたい場合には、たくさんプロセスをたちあげておく
worker
HTTPリクエストに1つのスレッドを割り当てる。起動しておくプロセス数、プロセス内のスレッド数は設定によって変更する
itk
preforkと一緒だが、スクリプトを実行するユーザ権限を分けることができる。例えばApacheさんとか、rootさんとか、各ユーザさんとか
perchild
workerと同じ考え方だが、バーチャルホスト毎にプロセス数/実行ユーザを割り当てる
event
workerと同じく、プロセス/スレッドの組み合わせだが、非同期I/O型*1となっており、設定如何では最も高速

一般的に使用されるのはprefork/worker。eventは2.2系ではExperimental(実験的)サポート、2.4系では標準推奨のMPMです。ちなみに、preforkよりもworkerの方が動作効率は良いです。何故ならば…プロセスの起動/停止/切り替えはOSにとって重い処理、スレッドの起動/停止/切り替えは軽い処理だからです。よし!それじゃあworkerかeventで決まり!と言いたいところですが、そうはなかなか行きません。スレッドは、メモリ空間を共有するため、きちんと排他処理されていないと誤動作する可能性が高いのです。きちんと処理されている処理系のことを、スレッドセーフな実装と言います。スレッドセーフじゃない処理系を使用する場合は使用するべきではありません。

Page Top

MPMを選択してコンパイルする anchor.png

/etc/portage/make.confに、以下の記載を追加します。ちなみに、今回は攻めるので、event MPMで高速なWebサーバを目指します。

APACHE2_MPMS=event
# emerge apache2
Page Top

MPMのチューニング anchor.png

/etc/apache2/modules.d/00_mpm.confにMPMの動作パラメータが記載されています。これをいろいろいじってやればOK。

StartServers
最初に起動する子プロセスの数
MinSpareThreads
最小の待機スレッド数
MaxSpareThreads
最大の待機スレッド数
ThreadsPerChild
子プロセスの中のスレッド数
MaxRequestWorkers
最大同時接続ワーカー数
MaxConnectionsPerChild
子プロセスの最大数

だ、そうです。さて、うちではどうして言うかというと-。

StartServers 4
MinSpareThreads 25
MaxSpareThreads 75
ThreadsPerChild 25
MaxRequestWorkers 150
MaxConnectionsPerChild 10000

起動時、StartServers、MinSpareThreadsで待機していますが、同時接続数が増えていくと、ThreadsPerChild数を超えると、MaxRequestWorkersに到達するまで子プロセスを増やします。が、子プロセスのゾンビ化やメモリリークを防ぐために、MaxConnectionsPerChildで上限を決めているのですね。

ポイントは、MaxRequestWorkersで、同時接続の最大数。同時アクセスの最大数はココでサチるということですね。

Page Top

PHPの並列動作について anchor.png

PHPをマルチスレッドで動作させるのは非推奨だと、PHPホームページに記載されています。やるならFastCGIを使えとのこと。なわけで、FastCGIの設定をしてみます。

Page Top

FastCGIをやってみる anchor.png

さて、FastCGIの設定は、このページのApache&PHP7.1の部分だけ設定すると、うまくいきますよ~

Page Top

チューニング anchor.png

pm = dynamic                     #下記パラメータに従って動作する
pm.max_children = 100       #最大同時接続数
pm.start_servers = 4           #最初に起動しておくプロセス数
pm.min_spare_servers = 1  #待機させておくサーバの最小数
pm.max_spare_servers = 4 #待機させておくサーバの最大数

さて。pm.max.childrenまで子プロセスを増やします。このプロセス数が、接続数の上限です。先程、Apacheの同時接続数を150にしておきましたので、うちでは2バージョンのPHPを起動しておきますので、2つで最大200まで。Apacheの奥にいるPHPに、余裕を作っておきます。

さらに、start_servers数だけ、最初に起動しておきます。全部埋まらないように、min_spare_serversで、最低限1つ、空きプロセスとして、次のリクエストに備えます。max_spare_serverで、待機しているPHPは4つまでにしておくので、使い終わったらプロセスを終了させます。

というわけで、忙しいときには増え、使い終わるとプロセスを減らすという、賢い動きをしてくれるわけですね♪

Page Top

PHPのキャッシュ(opcacheとPECL-APCu)を設定する anchor.png

Page Top

opcache anchor.png

PHP5.5移行、PHPに組み込まれています。opcacheはコードキャッシュで、PHPのプログラムを中間コード化してメモリにキャッシュしておきます。そのため、一度実行されたコードを再度コンパイルしないため、応答速度が改善されます。

/etc/php/XXX-phpX.X/php.iniの以下の項を設定します。

opcache.enable=1
opcache.enable_cli=1
opcache.memory_consumption=128
opcache.interned_strings_buffer=8
opcache.max_accelerated_files=10000
opcache.revalidate_freq=1
opcache.save_comments=1
Page Top

PECL-APCu anchor.png

PECL-APCuは、データキャッシュで、データの読み込みを高速化してくれます。

Page Top

コンパイル anchor.png

# emerge dev-php/pecl-apcu

さて、インストールされたAPCuを設定いたします。/etc/php/XXX-phpX.X/extの下にある、apcu.iniに、以下の項を追加。

apc.shm_size=128M
apc.ttl=86400
apc.gc_ttl=86400

これで、php-fpmを再起動してあげます。どうですかね?かなり体感早くなったんじゃありませんか~??

Page Top

MySQLのチューニング anchor.png

さて、DBのチューニングってのも、課題になりますよね。そこで、こんな便利ツールがあるそうで。

Page Top

mysqltuner anchor.png

# emerge mysqltuner

さて、mysqltunerをインストールしましたら、実行してみます。DBの管理ユーザ&パスワード聞かれますので、答えます。うちでは、こんな表示が出てきましたよ。

General recommendations:
   Run OPTIMIZE TABLE to defragment tables for better performance
   Reduce or eliminate persistent connections to reduce connection usage
   Upgrade MySQL to version 4+ to utilize query caching
   Adjust your join queries to always utilize indexes
   Set thread_cache_size to 4 as a starting value
   Increase table_cache gradually to avoid file descriptor limits
Variables to adjust:
   max_connections (> 151)
   wait_timeout (< 28800)
   interactive_timeout (< 28800)
   join_buffer_size (> 64.0M, or always use indexes with joins)
   thread_cache_size (start at 4)
   table_cache (> ) 

さて、このmysqltuner、サーバの運用実績から、改善事項を提示してきますので、mysqlを起動してから、24時間以上経ってから出したほうが良いみたいです。運用しながら、何回か実施してみて下さい。

Page Top

OPTIMIZE TABLE anchor.png

テーブルがフラグメントされてるから、最適化しろ、だそうです。こんなコマンドでできます。

# mysqlcheck -u <管理者ユーザ> -p<パスワード> --all-databases --optimize

ちなみに、InnoDBの場合は、最適化ができないので、ALTER TABLEで代用してくれるそうです。ありがたいことだ♪

Page Top

my.cnfの調整 anchor.png

指示に従って、/etc/mysql/my.cnfを変更してあげます。何回かmysqltunerを実行した結果、あれ直せ、これ直せと指示が出ましたので、以下を調整しました。

join_buffer_size                      =1M
table_open_cache                      = 8192
max_connections                       = 150
wait_timeout                  = 20000
interactive_timeout           = 20000
thread_cache_size             = 4
query_cache_type                = 1
query_cache_limit               = 16M
query_cache_size              = 512M
skip-name-resolve             = 1
innodb_buffer_pool_instances = 7

調整が済んだら、mysqlを再起動しましょう。

# /etc/init.d/mysql restart

join_buffer_sizeを大きくしろ、と散々言われます。が、そもそも、インデックス作る方が高速化につながるそうなので、join_bufferをいくら増やしても、アプリ側を変更しないと追いつかない、ということで、増やさなくてもOKというネット記事がありましたので、うちではココまでにしております。

Page Top

結果 anchor.png

正直、爆速になりました。以前は、正直Wehページが描画される様が目で見て解るぐらいちんたらしていて、まぁ、Webアプリだからこんなもんかな、と半ば諦めていたのですが、2回め以降のページ表示が人間の体感で一瞬で終わります。人の目で見てあきらかに違うので、かなり効果があったと言えるでしょう。超快適♪


*1 リクエスト受信と応答送信を別のスレッドで処理する方式

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 5984, today: 2, yesterday: 1
Princeps date: 2013-03-07 (Thu) 00:38:48
Last-modified: 2018-02-21 (Wed) 22:48:21 (JST) (576d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード