Thunderbirdのアドレス帳をLDAP管理したいぜ! anchor.png

えとですね、私はMozilla Thunderbirdユーザです。Thunderbirdのアドレス帳は、LDAPに対応しています。しかし、そのままでは制限された情報しか扱うことができません。なぜならば、Thunderbirdのアドレス帳は、独自拡張されたスキーマがありまして。ThunderbirdからExportされたLDIFファイルを見てみればわかりますが、mozillaAbPersonAlphaというObjectClassが使用されています。

このために、このObjectClassを追加し、Thunderbirdのアドレス帳に対応させてみたいと思います。

Page Top

LDAPサーバの準備 anchor.png

Page Top

スキーマの準備 anchor.png

mozillaAbPersonAlphaのダウンロードページにアクセスすると、スキーマがダウンロードできます。これを、/etc/openldap/schemaに置いて、/etc/openldap/slapd.confに以下を追加してやるです。

include         /etc/openldap/schema/mozillaAbPersonAlpha.schema

で、slapdを再起動

# /etc/init.d/slapd restart

これで、LDAPでThunderbirdのアドレス帳を扱える準備が整いました。

Page Top

LDAPにアドレス帳エントリを作成する anchor.png

私は、こんなポリシーで行きたいと思います。

dc=example,dc=com
    |
    +ou=Address+ou=user1
                       |
                       +ou=user2
                       |
                       .
                       .
                       .

トップドメインに、Addressというouを作り、その下に、ユーザ毎のアドレス帳を作成していきます。各ユーザ毎に固有のアドレス帳って作りたいじゃないっすか。なのでこんな感じ。ちなみに、ユーザ1、ユーザ2はou=Peopleに作成したuidエントリと同じユーザ名にするポリシーで行きます。

このため、こんなLDIF(address.ldifとしますね)を作成して

# Address Oganization Unit
dn: ou=Address,dc=example,dc=com
ou: Address
objectclass: organizationalUnit

dn: ou=user1,ou=Address,dc=example,dc=com
ou: user1
objectclass: organizationalUnit

これを、LDAPに登録してやります。

# ldapadd -x -D "cn=Manager,dc=example,dc=com" -W -f address.ldif

はい、これで完了。phpLDAPadminとか使用してもOKよ。こっちのほうが追加は簡単かな。

Page Top

Thunderbirdアドレス帳の準備 anchor.png

Page Top

アドレス帳のエクスポート anchor.png

Thunderbirdのツール→アドレス帳でアドレス帳開きます。 で、LDAPに登録したいアドレス帳を選択して、アドレス帳側のツール→エクスポートで、LDIF形式を選んでエクスポートしてやりましょう。さて、addressbook.ldifとして出力したと仮定します。

Page Top

エクスポートしたアドレス帳を、登録可能な形式に変換する。 anchor.png

さて、このアドレス帳ですが、問題が2つあります。

  • 登録するdnが、今回登録するLDAPデータツリーに合っていない
  • 日本語がBase64エンコードされている

この2つを変換してやる必要があるとです。dnは、こんな感じにします。

dn: cn=誰かさん,ou=user1,ou=Address,dc=example,dc=com

cnって、Thunderbirdアドレス帳の表示名ってやつね。

また、日本語は、base64からUTF8に変換してあげる必要があります。私は、このページに添付してあるaddressconv.pl作成して対応しました。このスクリプト、base64ってコマンドが必要なので注意してね。Gentooの場合は、coreutilsに入ってるので問題なし。このスクリプト実行してあげましょうか。ちなみに、使用する場合は、このスクリプトの頭にある、

$Address = "ou=Address";
$basedn = "dc=example,dc=com\n";

の行を適当に編集してやって。

# strings addressbook.ldif >addresbookunix.ldif   
# addressconv.pl addressbookunix.ldif user1 >addresbookconv.ldif

strings打ってるのは、改行コード変換してるから。改行コードはエディタかなんかで適当に変換してやって。

Page Top

LDAPに登録するよっ anchor.png

# ldapadd -x -D "cn=Manager,dc=example,dc=com" -W -f addresbookconv.ldif

さて、エラーなく登録されたかしら。

Page Top

Thunderbirdアドレス帳で、LDAPを参照するように設定。 anchor.png

アドレス帳のファイル→新規作成→LDAPディレクトリを選択します。

ldap.png

こんな画面になった?これに必要事項をインプット。で、参照可能になりまっす!パスワード聞かれたら、パスワードいれてやって。

Page Top

さらに便利な設定 anchor.png

登録されたLDAPアドレス帳も、アドレス補間の対象にしたいですよね。と、言う事で、ツール→オプション→編集→アドレス入力。アドレスの自動補完ってところに、LDAPサーバを対象とするように設定できます。これやると、メールの編集でアドレス入力すると、LDAPに登録されているアドレスで補間されて、便利ですよぅ~。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 28589, today: 3, yesterday: 3
Princeps date: 2011-01-10 (Mon) 21:43:12
Last-modified: 2011-01-17 (Mon) 00:37:15 (JST) (3423d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード