Back to page

− Links

 Print 

Gentoo Linuxな生活​/NextCloudのインストール :: Nest Of Hawk

xpwiki:Gentoo Linuxな生活/NextCloudのインストール

Table of contents
  • インストール
    • DBの準備
    • NextCloudパッケージのインストール
    • NextCloud 設定

インストール anchor.png[1]

Page Top

DBの準備 anchor.png[2]

まず、MySQLを使用する前提で参りましょう。

# mysql -u root -p

まずMySQLのメンテナンス画面に入ります。

mysql> CREATE DATABASE `DB名` DEFAULT CHARACTER SET `utf8` COLLATE `utf8_unicode_ci`;
mysql> CREATE USER `DBユーザー`@'localhost' IDENTIFIED BY 'パスワード';
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON `DB名`.* TO `DBユーザ`@`localhost`;
mysql> \q

データベースを作成します。そしてここではDB名、DBユーザー、パスワードは適宜設定してくださいね。

以上で終了です。

Page Top

NextCloudパッケージのインストール anchor.png[3]

Gentoo PortageにNextCloudはありますが、Maskedパッケージです。なので、package.keywordsにwww-apps/nextcloudを追加してあげます。

# emerge nextcloud

パッケージがインストールされました。もうApacheは構築済と仮定して、nextcloudのセットアップされたURLにアクセスしてみます。NextCloudのセットアップ画面が出てまいりましたね♪

そこで、管理者アカウントをまず設定いたします。ストレージとサービスでは、

  • データを置くフォルダ
  • NextCloudが使用するDBとその設定(先ほど作ったMySQLの設定)

を指定します。

Page Top

NextCloud 設定 anchor.png[4]

管理者でログインし、設定(右上の歯車マーク)→管理を選択すると、「セキュリティ&セットアップ警告」に、設定で必要な情報がいろいろ出てきておりますので、それらを色々と設定変更しておきます。 主にはPHPやDBの設定ですね。中でも、キャッシュの設定に、「APCuを入れておきなさい」という警告がありますので、インストールしてあげます

# emerge pecl-apcu

その他は、書いてある指示に従い、php.iniにあるopcacheの項を修正していけばOKだと思います♪

その他、ユーザー認証では、LDAPを追加してあります。設定→アプリで、「LDAP user and group backend」アプリを選択し、追加することで、LDAP認証も有効となります。他にも便利そうなプリが幾つかありますので、適宜用途に応じて追加の上、カスタマイズしていってくださいね~♪


Last-modified: 2017-06-28 (Wed) 07:24:15 (JST) (1254d) by maruo