ユーザ管理を楽にやりたいねっ anchor.png

LDAPにしたら、ユーザ管理ってどうするんだろぉ。やっぱり、シェルで作成して流しこみだよねーと。 でも、LDIFファイル作るのはなんとか楽したいよねって事で、

  1. ExelでCSVファイルを作成
  2. LDIFに変換
  3. ldapaddなどで追加

と。さて、やってみましょうかね。ちなみに、このページの前提として、ThunderBirdアドレス帳をLDAPで悩むで、Thunderbirdアドレス帳スキーマがLDAPに設定されている事を前提にします。

Page Top

Exelファイルで編集 anchor.png

このページにつけてあるfileCSVファイルに、必要項目をちゃかちゃか書いていきます。この情報を全部埋めることで、Thunderbirdアドレス帳としても活用できる情報を作れるようにしてあります。

Page Top

このExelを変換する anchor.png

まずExelファイルをnkfなどのコード変換フィルタ用いて、UTF8に変換してやりまっす。

# nkf -w8 < usermanage.csv>usermanage_utf8.csv

で、このページにやっぱり添付してあるfilePerlスクリプトでLDIFファイルに変換してやります。これも、ファイルの頭に

$dn = "ou=People,dc=example,dc=com\n";
$passwd = "{SSHA}/3wdgyDAHKZ5rL/G2wrDEb+tdFDAj8hj";

て行があります。環境に応じて変更してやって。なお、$passwdは初期パスワードです。secretね。好きな文字列にslappasswd使ってgenerateしてくだされ。ユーザはログインしたらパスワード変更必須って事で。

# usermanage.pl usermanage_utf8.csv > useradd.ldif
Page Top

で、ユーザ追加と anchor.png

さて、このユーザを追加してあげますかね。

# ldapadd -x -D "cn=Manager,dc=example,dc=com" -W -f useradd.ldif
Page Top

おまけ anchor.png

これで追加してあげた後は、ou=People,dc=example,dc=comを、メールソフトのLDAPアドレス帳に設定してあげると、ユーザアカウントのアドレス帳管理ができるって寸法ね。便利ね


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 4487, today: 2, yesterday: 1
Princeps date: 2011-01-10 (Mon) 21:59:09
Last-modified: 2011-01-12 (Wed) 01:50:36 (JST) (3428d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード