Gentoo Linuxな生活​/システム管理関連

HDDも大容量化 anchor.png

最近HDDも大容量になりました。6TB,8TB,12TBとか普通に売られるようになってきました。んで、最近HDDを8TB×4でRAIDを組み、LVMで25TBの領域を作ってみようと、lvextend,resize2fsをやってみたら、エラーになってしまいましたので、やり方をまとめておこうと思います。

Page Top

なぜ16TBの領域に壁があるか anchor.png

もともと、Ext4はinodeの最大数が32bitでした。なので、32bit×4096byte(1inodeのサイズ)で16TiBが最大サイズということでした。なので、古い時期のe2fsprogsで作られたExt4ファイルシステムは上記32bitのinodeテーブルなんですよ…いやー今どきそりゃないでしょ。じゃあどうすればいいのでしょうか。今どきCPUが64bitなんだから、inode数も64bitになればいいんでねえの?いや、まさしくそのとおりですよ。もしinode桁数が64bitならば、理論上65536EiBまで使えることになります。まぁ、実態は1EiBなんですけどね。ただしこの64bit inodeテーブルは、Linuxカーネル3.7以上、e2fsprogsが1.42.6以上である必要があります。 2020年、今やLinuxカーネルは4.19、e2fsprogsも1.45です。余裕で要件をクリアしているので、上記拡張に対応してみたいと思います。

Page Top

inodeテーブルを64bitに拡張する anchor.png

以下の手順で行ってみます。

まず、拡張するパーティションをアンマウントします。そのパーティションをfsckを行います。

# e2fsck -Df /dev/path/to/disk

pass1~pass6までチェックを実行します。ボリュームが大きいとそれなりに時間がかかります。

んで、fsckしたパーティションを64bitテーブルに変換します。

# resize2fs -b /dev/path/to/disk

で、さらにパーティションサイズを拡張します。

# resize2fs /dev/path/to/disk

ちなみに、上記処理にて、10TBの領域を25TBに拡張するのに、1時間ぐらいかかります。で、終了したあとできれば一旦リブートしてあげたほうが安全です。

今日び、記憶領域も大容量化甚だしいので、必要な処理になるかと思います!お試しあれ…


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 412, today: 2, yesterday: 3
Princeps date: 2020-01-02 (Thu) 00:51:23
Last-modified: 2020-01-02 (Thu) 00:51:23 (JST) (293d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード