Back to page

− Links

 Print 

Gentoo Linuxな生活​/連携設定(Androidスマホ編) :: Nest Of Hawk

xpwiki:Gentoo Linuxな生活/連携設定(Androidスマホ編)

Table of contents
  • Googleさんから個人情報を除く
  • DAVdroid
    • インストール
    • 設定
  • NextCloud

Googleさんから個人情報を除く anchor.png[1]

AndroidスマホといえばGoogleさん。今やGoogleさんのクラウド機能は、大いなるパワーを持っていますね~。でも、なるべくなら、個人的にはあんまり依存したくはないのです。これはもう気分的な問題なのです。Androidが非常に便利なのは、やはりGmail/Googleカレンダー/Googleコンタクト/GoogleToDoですね。Googleさんに預けておけば、スマホ移行しても自動動機してくれる。でも、これらを全部NextCloudからのデータに置換しますです。

Page Top

DAVdroid anchor.png[2]

DAVdroidは、Android用のCalDAV/CardDAVクライアントです。このプログラムがバックエンドとなって、CalDAV/CardDAVからのカレンダー/ToDo/連絡先を同期してくれます。

Page Top

インストール anchor.png[3]

GooglePlayでもインストール出来ますが、有償となります。同じアプリがF-Droid[4]からもダウンロードできます。一応、Your own Riskでapkからインストールしてみますです。

  1. GooglePlayから、OpenTasks[5]をインストールします。ToDoを使用するにはこれのインストールが必須です。
  2. スマホの「設定」を開き、「セキュリティ」タブにある「提供元不明のアプリ」のインストールを許可します。
  3. PCとスマホをUSBで繋ぎ、先程ダウンロードしたDAVdroidのapkをスマホにコピーします
  4. スマホ側のファイルマネージャ等で、コピーしたAPKをタップすると、インストール出来ます。

以上、終了でっす。

Page Top

設定 anchor.png[6]

  1. DAVdroidのアイコンをクリックすると、右下に「+」があると思います。タップ。
  2. 「URLとユーザー名でログイン」タップします。
  3. NextCloud側でカレンダーの「設定」をクリックすると、「一番目のCalDAVアドレス」がありますね。これをURLとして、NextCloudのログインユーザ、パスワードを入力します
  4. スマホ側で、DAVDroidにAndroidのアクセス権限を与えるかどうか聞かれます。許可します。
  5. CardDAVとCalDAVの一覧が取得されます。同期したいものを選択して、同期を開始します。

これで、カレンダー、連絡先、ToDoに、DAVDroidで取得した情報が同期されます。

  • カレンダーアプリは、Googleカレンダーでも使えますが、私はジョルテを使用しています。
  • 連絡先は、DAVDroidの設定(右肩の歯車)開くと、CardDAVの欄に、「連絡先グループ方法」があります。「グループは連絡先カテゴリ毎」を選びます
  • ToDoはOpenTasksアプリから参照できます。

これで、Googleとのカレンダー、連絡先、ToDoの連動を止めてやってもNextCloudから引き継がれるようになります。

Page Top

NextCloud anchor.png[7]

GooglePlayのNextCloudアプリ[8]をインストールします。NextCloudのURL/ログインユーザ・パスワードを設定してやることで、全て参照可能になります。後は同期したいフォルダを選択してやると、サーバ側からストレージのどこかのnextcloudフォルダにダウンロードされてきます。

また、スマホ側のNextCloudアプリの右下に、「+」がありますね。これをクリックすると、スマホ側からNextCloudの表示されているフォルダに対して、ファイルをアップロードできます。スマホとのファイルのうまい同期は、実はまだ研究中…どちらかというと、スマホデータのバックアップの意味合いが大きいかな、と今は考えておりまーす。後は、全デバイスで共有したいデータ(例えばメモ書き等)を同期させるとか、ですかね♪


Last-modified: 2017-08-02 (Wed) 00:01:07 (JST) (1221d) by maruo