Back to page

− Links

 Print 

玄箱HGにGentoo格闘記​/AVRを使うようにカスタマイズ :: Nest Of Hawk

xpwiki:玄箱HGにGentoo格闘記/AVRを使うようにカスタマイズ

玄箱HGにGentoo格闘記[1]

Table of contents
  • AVRの設定
  • kuroevtd
  • ちゃんと電源が切れるようにする
  • 起動中LEDが点滅するようにする
  • ちなみに

AVRの設定 anchor.png[2]

玄箱勉強している人には耳たこかもしれませんが、AVRというのは玄箱の電源ボタンや、LEDを制御しているチップです。シリアルでつながっていて、シリアルにいろいろ書き込んでやると、LEDがついたり、いろいろ動きます。ちゃんと設定しないと、電源ボタンが動かなかったりします。そこで、です…

Page Top

kuroevtd anchor.png[3]

ちゃんと作ってくれる人はいるもので、こんなデーモン書いちゃった人がいます。

# emerge kuroevtd

と打ってみましょう。このAVRの電源ボタンの動きを監視してくれます。なので、電源ボタン長押しでシャットダウン操作とかをやってくれます。かっこいー!

Page Top

ちゃんと電源が切れるようにする anchor.png[4]

ただ、このままでは電源切れたり、リブートしてくれたりしません。/etc/init.d/shutdown.shとか/etc/init.d/reboot.shってのが、ふつーのGentoo付属の奴では駄目なのです。AVRにコマンドを送ってあげる必要があるのデス。

で、登場するのがこのページの添付についているshutdown.shとreboot.sh。これに置き換えてあげると、shutdown -h nowコマンドでちゃんと電源切れますし、shutdown -r nowでちゃんとリブートするようになります。

Page Top

起動中LEDが点滅するようにする anchor.png[5]

このページについているkuro-avr-initとkuro-led-blinkを/etc/init.dに置きます。んで、

# rc-update add kuro-avr-init boot
# rc-update add kuro-led-blink default

とします。ついでに/etc/init.d/chechrootの中をいじります。

depend() {
      before *
}

となっている箇所を

depend() {
#       before *
        before $(ls | sed 's:\<kuro-avr-init\>::')
}

と書き換えてみる。そーすると…2ndboot時、起動中に、DISK FULLランプが点滅するようになります。で、起動が終了するとDISK FULLランプの点滅が止まります。ううー、かっくいい!!

Page Top

ちなみに anchor.png[6]

shutdown.sh,reboot.sh,kuro-avr-init,kuro-led-blinkは、GentooBeta1から持ってきています。GentooBeta1開発者の皆様、役立つ物をまことにありがとうございます。有効活用させていただいておりますm(_ _)m


Last-modified: 2009-08-20 (Thu) 00:25:27 (JST) (4443d) by maruo