HITMAN

10月 26, 2008

珍しいパターンですが、ゲームの映画化なんですねぇ。アイドスからリリースされた、同名ゲームを、同名設定で映画化したんですねー。
暗殺者養成施設で、育てられた暗殺者47は、組織からの裏切りをうけ、追われる立場に…黒幕を倒すために、47の戦いが始まる…わけですが、この元のゲーム、ステルスゲームに分類され、ある目的を達成する(暗殺)するために、何をしてもよいという、おもろい設定ですね。
こっそり敵を倒して、変装したり、抜け道使って気付かれないようにターゲットを狙える位置に移動し、そーっとターゲットを倒し、脱出するというゲームで、難易度も高いようっす。体験版試しにやってみたら、すげー難しかった…
まぁ、映画はストーリーできてるからね。そのステルスアクションが出来上がってたりはしますが、んー、良く出来てた!というのを思うと、ゲームシナリオって、意外と映画の脚本として使えるのかもね。ちょっと毛色が違って面白かったっす~!!

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード