バンテージポイント

10月 9, 2008

ある、テロ事件での、関わってしまった人物それぞれの視点からのストーリを、重ね合わせていくことで、たぶん1時間ぐらいの時間スパンの物語を2時間で見せるという、面白い映画でした。
事件を中継していたTVの視点から、警護しているシークレットサービスの視点から、観客の視点から、犯人の視点から、狙われている大統領の視点から、犯人の視点から、と事件直前の12:00~12:20までを延々6回か7回ぐらい繰り返します。そして、事件での、すべての登場人物と背景がそろってから、1点に吸い寄せられるようにストーリが進んでいきます。

これ、面白いスタイルですねぇ

この人、これからどーなるの??ってところで、時間を巻き戻して、別の登場人物視点で物語を進めていくので、ああっ!!もどかしい!!ってのがあるんですが、おおっ!こんなところにあの人が!!みたいなつながりが、ある時突如見えたりして。
う~ん、1時間30分といま時には短い映画でしたが、なかなか面白かったよー。

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード