もの作り屋さんの資質

3月 10, 2008

マネージャの資質は万物に通じるなんて記事をかなり昔に投稿した事があるですが、改めて、今日それを思い知った次第でやんす。と、いうのも、最近ちょいと、講師の進めもあって、制約条件理論ってのに関する本を読んでます。生産工学、会計理論、プロジェクトマネジメントなど、ありとあらゆるところで適用できる理論だと言うことで、結構お勉強になったりするのです。で、ボトルネックとなるリソースをいかにフル回転させるか、プロジェクトに言い換えると、クリティカルパスを如何にコントロールするかが重要だという理論ですね。まぁ、プロジェクトも、生産管理(工場)も、いわゆる生産システムなわけですよ。うちらがやってる仕事も、システムを作るわけですわ。ある入力を、何らかのプロセスを経てアウトプットする。そのシステムをいかに構築するか、ってのが重要で、それを作るのは手段なんですね。なので、作るために使う技術(こんぴーただったり、言語だったり、…)も重要なんですけど、それ以上に、システムの基本設計(いわゆる計画ですな)が非常に重要なんです。なんでかてーと、ここが間違ってると、技術云々、小手先でなんとかしよーていって、どーにかできるものでないからです。例えば、家なんて作るときはそうだよね。壁紙とか、ふすまとか、そー言う部品は、部屋の見た目に重要な要素(技術)ではありますが、骨組みの構造(基本設計)は、組み立てあがってからは変えるの大変ですよね。そゆことなんです。
んで、制約条件理論を読んでて、改めて思ったこと。結局、理論のエッセンスを理解してしまえば、システムを構築するための理論と考えると、どんなシステムにも適用できると。ここの「システム」ってキーワードが重要なんすよ。
プロジェクトは、ある「システム」を構築するために構築された「システム」なんですよね。うちらでいうと、「通信システム」を設計するための「生産システム」ってのが通信システム設計プロジェクトなわけで。
という事は、だ。制約条件理論によると、プロジェクト管理とシステム設計は通じるところがあると言うことだ。そこで改めて出てくる明らかな結論。

きちんとマネジメントされたプロジェクトから、素晴らしいシステムが生み出される

というおいちゃんの理屈が成立するわけで。ぐしゃぐしゃなプロジェクトが、ちゃんとしたシステムを作るすべを知っているわけが無い。
おいちゃんが所属してるプロジェクト、はっきり言ってもうぐしゃぐしゃです。今日から試験開始だーとか言ってるのに

試験環境がない

どーやって試験せれと。そのくせ、締め切りは延ばせませんとか、挽回策を考えてくださいとか、

おめーが考えれ!

システム構築、いわゆるうちらでいうもの作りってのをしたこと無い奴は、プロジェクトのマネジメントも出来るはずは無い。逆に、プロジェクトをマネジメント出来ない奴に、優秀なシステム設計なんぞ出来るはずも無い。あぁ、よく分かった。やっぱりモノ作った経験がないマネージャなぞ、への役にもたたんわ…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード