起動戦士ガンダム00

2月 11, 2008

サンライズさん。相変わらずガンダムで儲けてますなぁ。

と思っていたのだが

このシリーズ、意外と面白い。というのも、未来観がみょーに現実臭い。化石燃料の枯渇で、太陽エネルギーに転換した未来。かつて栄華を誇った石油産出国は、内戦続く問題国家に。はたまた石油エネルギーを手にした中国、アメリカ、ヨーロッパを中心とした三大勢力に分かれて、相変わらず紛争を続けている、と言う設定。ひじょーに現実味がある。で、ガンダムを擁するのは、戦争根絶を詠う、武装テロ組織と。
このバージョン、痛いところをいっぱい突いていて、どーいう風に落ち着けるのかとっても気になるところ。
①現実にありえそうな政治ゲームと、エネルギー問題。なんてったって、今の世の中は石油で成り立ってるわけで。現在の戦争の大半も、宗教、縄張り、エネルギーの陣取りゲームだからなぁ…過去の遺恨てのもあるか…
②戦争根絶という耳さわりのいいうたい文句だが、結局圧倒的な武力を持つただのテロリスト(ただし民間人は襲わないけど)。さて、この矛盾をどう取り繕うのか
③至極当然なことではあるけど、武力行使の犠牲となるのは結局一般ぴーぽー。シリーズの中でも、特にクローズアップされている一般人の方に、ついに犠牲が…今までのシリーズに無い、かなりむごたらしい現実を突きつける展開。

かなりおいちゃんは注目しておりますわ

おこちゃま向けのはずだが、かなりテーマはディープ。ガンダムという視聴率取り易いアニメに題材を求めたのは、安易とも思えますが、国際問題に目が行ってないお子ちゃまたちに考えていただくきっかけには、いい方法かもしれない。と。

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード