メンタルねぇ…

1月 23, 2008

最近、メンタルヘルスということが問題になってますねぇ。
精神的疲労が高いので、メンタルヘルスになるとね。で、社会に適応できないとかなんとかおっしゃってますがねぇ。
こんなときいつも思うこと。
じゃあ、もっと精神的にも負荷が高かった、

戦国時代とか、第二次大戦中とか、心が病んでる連中が多かったのか?

そんな統計は無いような気がするけどなぁ。大体、当時なんか、

生きるか死ぬか

の精神的負荷がかかってるんだし、それに比べたらどーて事はないだろう?と思ってしまうのですよ。じゃあ、なんでですかねぇ?と考えてみる。

苦労とか、挫折とか、味わったことがないんでしょ?

大人になりたくなーい、という話もあったが、裏を返せば、

子供時代は居心地が良くてらくち~ん

て事だと思うんだよなぁ。「かわいい子には旅をさせよ」なんて昔の人は言いました。実際教育ってある程度の負荷をかけて、「旅」をさせてあげないと、やっぱり育たんのですが、そーいう負荷をかけてみると、単なるハイキング程度であっても、今の若造には

バターン死の行進

になってしまうらしい。はぁ…
精神的に成長するときって、本来であれば、メンタル一歩手前ぐらいまで追い詰められて、その壁を破るときなんだけどねー。その壁にぶつかって死んでしまうよーでは、

社会を生き抜く能力もない

と思うのは、暴言でしょうか…
心の病生還者のおいちゃんの実体験では、心の病を乗り越えたときに、一番精神的に強くなったんだけどねぇ。ある悟りを開いて。

どこに逃げても無駄で、結局自分で何とかするしかないんだ。自分を信じるしかないんだ

っていうね。

posted in マイライフ, マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード