忘れてたがペター優勝しましたね

2月 27, 2005

すっかりフォローを忘れていたWRCですが、開幕2戦目にして、SUBARU&ペターソルベルグが優勝してました。んん~、めでたい。めでたいなぁ。これでSUBARUワールドチャンピオンに向けて始動か…と思いきや、

なななんと!!

ついに眠れる獅子が目を覚ましたのかなぁ?今のドライバーズタイトルトップってば、トニ・ガルデマイスターじゃん。彼ってば不遇の天才ドライバーなんだよな。セアトのワークスに載ってるときに、当時トヨタ、三菱、ズバルの3強が常勝で、上位に食い込めたことが一度たりとないマシンで、何とびっくりの3位入賞を果たして、これはすげぇ!とびっくりしたんだが。言うなればWRC界のジャン・アレジみたいなもんだな。アレジもセナを食うぐらいの激早ドライバーだったんだが、ベネトンからフェラーリに移ったらとたんに弱くなっちゃったんだよな。
しかしガルデマイスターは、アレジと違って、マシンに恵まれなかったのよね。次の年はシュコダ。これまた勝てないマシンにのってて、セアトの奇跡はどこへやら、いつの間にやら忘れさられていたんだよな。でもそう簡単に奇跡は起こらんよなー。WRCにはスーパードライバーがごろごろいて、協力ワークスカーが完璧に走れば、いくら天才がドライブしても弱いお馬さんがポテンシャル以上に早く走れるわけがない。
その不遇の天才が今年はフォードに乗ってるっていうじゃん!これはー強いよ。まじで。ウィルソン監督もいいところに目をつけたよな。しかも彼はめちゃめちゃかっこいい。男のおいちゃんが見てもかっこええと思う顔してるしな。多分去年のエースのマルコ・マルティンよりも強かろう…マルコは精神面が課題だからなー。でもマルコが図太くなったらこれまた太刀打ちできんだろう。しかも彼はプジョーに乗ってるって?これまた強敵なんだよなぁ。
プジョーはクレバーな皇帝グロンホルムと実力はぴか一マルコ。さらにシトロエンのトータルバランスでは敵無しのローブ。フォードの不遇の天才ガルデマイスターと、SUBARUのここ一番では最も早いソルベルグかぁ…
かなりドライバーの個性が強い好カードだよねー。今年の勝負は目が離せないかも。でもペターに勝たせてやって。インプレッサが勝つところを見たいのよ。ほんと。

posted in WRC, マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード