リスクマネジメント

8月 21, 2021

ワクチンパスポートでどうなる?「新幹線に乗れない」「死に目に会えない」ことも

今日、嫁と話してる時に話題になったんですけど。

『ワクチン打ったからって、感染リスク無くなるわけじゃないんだよねぇ?』
「重症化リスク減るんだから、ワクチン打った人たちは活動再開とかでいいんじゃないの?そもそもリスク気にするんだったら、今すぐ事故死するリスクだってあるしね。リスクとメリット天秤にかけて、どっちが得かを考えるしかないんじゃないの?」

私はそう思うんですよ。みんな忘れてると思うんですがね

  • 外に出れば事故や病気をもらうリスクがある
  • 乗り物に乗れば事故のリスクがある
  • 歩いてたって事故に合うリスクがある
  • 家でじっとしてるだけだと健康被害を追うリスクがある
  • そもそも突然死するリスクがある

何をやろうとも全てリスクはつきもの

で、何かをやることによって得られるメリットもある。で、生きるという行為は、いかにリスク(特に生存を脅かすリスク)の発生確率を低く抑え、享受できるメリットを最大限にするか、ということを常日頃選択し続けることだと思っておる。

ワクチンを打つということは、コロナに感染することで、重篤化するリスクを低減する行動だと思うのです。これ、言い方なんですけどね

  • ワクチン摂取しない場合、コロナウィルスに感染することで、感染者100人のうち3人は確実に死にます。
  1. 接種したとしても、感染者2000人のうち、1人は死ぬ確率があるワクチン
  2. 摂取した場合、感染者2000人のうち1999人は確実に助かるワクチン

どっちだったらあなたは摂取しますか?しませんか?

て、ことで、みんな2っていうんでしょうね。これ、どっちも同じ薬なんですわ。

さてここで、ワクチン未摂取車は3/100が死ぬんですよね。摂取者は、感染/伝染させるリスクはあるけど、重篤化リスクがかなり下がるんですよね。

じゃあ、ワクチン接種者と未摂取者は扱い変えないと

未摂取者は、隔離しておかないとコロナリスクが危険である。家から出ないでください、と言う話になりますわな。摂取者なら、風邪とかインフルと同一の扱いぐらいにできるよね、とね。ワクチン接種者から活動再開していただこうってのは当然の流れになるでしょう。

世間ではこれを差別だ、とか言う人たちもいるですよ。

じゃあどうぞ。ただし防護服きて外出してね。防護服は自腹でね。

ならばいいんじゃないかなぁ。ただ、防護服着て出歩いて、何ができるんだろうねー。

posted in マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード