根も葉もない話をします

4月 9, 2020

書いた話は妄想ですので、ホントらしく流布しないようにお願いいたします

ウィルス騒動、某国のある都市で発生しましたね。患者は去年末には発生していたとの事ですが、公式に報告されたのは、今年の1月頭でしたかね。

その某国では、かなり早い段階で、このウィルスの症状が分かっていたと思われます。相当ヤバげだという事も多分。ですが報告されたのは

  • 感染リスクは低い(全員が感染させるわけではなく、全体の患者の20%が1人に感染させる)
  • 症状は風邪とおんなじ。だが、一部(10%程度)が重篤になり、死に至るのは3%程度
  • だから、そんなに重大なことにはならんだろう

なので、某国は自国民の渡航制限もかけなかったし、外国民の入国規制もかけませんでした。

さて、某国ではある時期に日本のゴールデンウィークのような休暇がありますが、ある日

患者が多い都市を封鎖しますからねぇ~

と予告しました。で、その都市の多くの人が、「休みに出かけられなくなっちゃう~」と休みを繰り上げて帰省やら旅行やらに出かけたんでしょうねぇ。

実はこれを、狙ってたんじゃないのか?

それは敢えて世界に拡散するために。でも、当局は大体症状や患者の検出方法は把握しているので、自国の感染拡散はコントロールできると踏んでいた。が、この都市のコントロールを若干緩くして、都市封鎖を実施し、感染爆発をこの都市の中でだけ起こさせたとしたら…。さて。なんでそんなことをする必要があるのさ。利益がないじゃんって思うでしょ。

太平洋戦争の時の真珠湾と同じ効果を狙った

としたらどうだろうか。当時、米軍は日本の真珠湾奇襲の情報を掴んでいた。が、嫌戦ムードの本国は全く戦争をしたがらないので、本国から遠く離れた真珠湾を生贄に捧げることで、

リメンバー・パールハーバー

の旗印の元、開戦に踏み切ったわけですよね。

さて。某国の某都市は、その後の通り、悲惨な状況が伝えられました。

我が国はウィルスによって甚大な被害を被ったと

いうことを見せつけるために。一方、ダメージコントロールもしっかりしていて、この都市内でコントロールできていますよ~。とも宣伝するために。

そんな頃。某都市を脱出した方々は、海外各地でお休みを満喫されました。

大丈夫よ~ウィルスなんて罹患してないし私

って言いながらね。さて、ご存知のとおり、このウィルス、潜伏期間が長く、2週間位でしたっけ。その間にも人々を感染させる能力をもっている。我が国で話題になったのは、2/3クルーズ船での感染拡大でしたが、程なく、屋形船での感染や、観光バス運転手の感染も確認されました…。

さて~。某都市を閉鎖しますよ~って言ったのっていつだっけかなぁ。確か数日猶予があったような気がするよねぇ…

その後の世界の情勢はご存知のとおりですがぁ。

  • 症状の深刻さが伝えられなかった
  • 感染リスクも正しく伝えられなかった
  • WHOもリスクは無いと言っていた

で、特に備えをしてこなかった世界の主要国は、今大混乱です。一方某国は

封じ込めに成功した!

と言って、弱っている世界を助けてあげますよ~ってやってますけどね。これが全てシナリオどおりだとしたら…

  • 最初に被災した可愛そうな国
  • 困難に打ち勝ち、世界を助けた国

として、威厳を確保し

  • 自国がダメージコントロール出来ている頃には、他国はボロボロだから、いざとなれば制圧できちゃうもんね~

なんて考えているとしたらばぁ…

なんてね。辻褄はすごく合ってる気がするけどねぇ

あくまでも根拠がない妄想ですからね

posted in マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード