むかしはこんな時代でした。

2月 26, 2020

あれは、私が児童や学生だった頃。もう30年、40年以上前の事ですね。

冬場はみんなヒビ、あかぎれが当たり前。子供は常に青っぱな垂らした汚いガキどもだった。風邪引いてても、熱が多少あっても歩ければみんな会社に行っていた。

『どうせみんな風邪引いてるんだから、これぐらいで休むな』

ほぼ無理やり学校に行かされてたなぁ。そして、水疱瘡、おたふく熱、麻疹、風疹を除いて、他の病気は『風邪』だった。

鼻風邪、喉風邪、腹風邪。それでもみんな休まんかったなぁ。容態が悪化して、学校を休んだら、『風邪をこじらせた』んだねぇ。と。今からしたら、絶望的な衛生状態だっただろうなぁ。

さて、今では感染が確認されたら、強制的に1週間休まさせられるインフルエンザ。ええ、私の子供の頃にもこの病名ありましたよ。毎年予防接種受けてましたよ。でもこの病気、どんな病気だか分かんなかったので、親に聞きましたよ。

『インフルエンザってどんな病気?』

『あぁ、ひどい風邪のことだ』

なんだぁ、風邪なのか。なら今年は風邪引かないかな。でもやっぱり鼻水、咳、くしゃみに襲われ…

結局風邪引くんじゃん。予防接種効き目ねぇな

なんて思ってました。それでも社会は回っていたよ。

何が言いたいかって言うと~。

もし40年前だったらば、今の新型コロナウィルスも、ただの風邪だったんじゃないの?

今年の風邪はたち悪いねぇ~。ぐらいで…ね。

人は技術を得ることで、知識を簡単に得ることができるようになりました。ただ、

知恵は相応に進化したんだろうか?

新型コロナウィルスであること、症状や感染力の強さ、今対処できる特効薬が無いこともわかっている。それに対するヒトの対応はどうか?

  • 風評被害
  • マスク買い占め、転売
  • 匿名ネットでただただ不満を誰かにむけて垂れ流す
  • デマを面白おかしく垂れ流す

今年の風邪は、たち悪いねぇ~、で済んでた方が、まだ文化的な気がするのは、私だけだろうか。

posted in マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード