進捗90%を超えると進捗率が落ちる罠

8月 9, 2019

よく仕事をしていると、進捗率が低いところから8割、9割ぐらいまではサクサクとお仕事が進みます。が、だいたい90%を超えたところでとたんにそこから先に進まなくて、ずっとタスクが残り続けることがあります。

ざっくりと大枠を詰めていくことはかなりサクサクいくのですが。最終仕上げでディテイルを詰めていくところで、レビューとかで他の人に見てもらったりするところでダメ出しを食らって手戻りするなんてのがよくある話です。

さて。いまおいちゃんも同じようなことを言われております。

新規案件なんて将来の正確な予測なんてわかんないんだから、まず理想を考えろ。100%じゃなくていい

なんて話がわかる上層部っぽい事を言ってくるので、それを信じて提案考えて、5割ぐらいの出来で途中経過を報告します。

『うん、いいねいいね。そのまま詰めてって』

そのまま検討を勧めて8割ぐらいのところで持っていくと。

『うん、いいねいいね。これはどうだ?あれはどうだ?色々と検討を詰めて最終計画落とす必要があるな』

だんだんハードルが上がってきます。で、なんか最初は100ピースのパズルぐらいで言っていたことが、急に500ピース、1000ピース、2000ピースぐらいのパズルの難易度に上がっていきます。

で、最後の最後、2000ピースのパズルが完成したつもりで報告しに行くと、

おいおい、このパズル、この5ピースの位置が違うよな。やり直してこい

て、すべてのパズルをひっくり返されてもう一度やり直しを喰らいます。これがエンドレスで続きます。

なので、9割超えたあたりから急激に進捗率が悪くなって、いつまでたっても事業を開始できません。そうこうしているうちに、事業構造が変わってきて

今世の中動向が違うだろ。やり直し。

と延々とやり直しを命じられ最後の最後には

いつになったらモノができるんだ。ちんたらやってんじゃねーよ

とか文句言われる始末。重厚長大な大企業って、調子がいいこと言っといて、現実が見え始めてくると急にビビるんだよな。で最後の最後は仕事が遅い部下が悪いと来たもんだ。はぁぁ…なんかやってられんよねー。

一つの逃げ道は

勝手に話を進めて、既成事実を作って

あ、もう出来てますが何か?とか言うしかない始末。

私もこの仕事はじめて20年以上。何も進化がない。

会社ってこんなもんなんですかねぇ…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード