Nissanゴーン氏の騒ぎに想う

12月 2, 2018

先日、NISSANのゴーン会長が会計に関し重大な疑惑があったと言うことで、退陣という騒ぎになったのは、記憶に新しいですし、今ももめてますよね~。

だが、私は想う。(あくまでも根拠がない私見ですので。)

これって、NISSAN上層部のクーデターなんじゃないの?

と、いうのもです。事実があったかどうかは今後の捜査によるのでさておきです。ゴーン氏は、死にかけNISSANをV字回復させた立役者であったことは紛れもない事実。2020年には自動運転車をリリースすると宣言し、強硬に推進していたはず。売上としてもトヨタを抜いてトップになり、業績的なこどで言えば、これ以上の成果はないでしょう。まさに「やっちゃえNISSAN」の勢いは止まらないなと思いました。

それを吹き飛ばすリーダーの退陣で、その後のNISSANって大丈夫なん?

あくまでも想像ですけどね。あの社長さんに、入れ知恵した方も多かったのではと。内外からね。で、強力なリーダーシップであるゴーン氏を封じれば、次に動くのは誰なんだろう。もしかして某大陸資本とかなんじゃないのかなぁ。なんとなくさらなる驚くべきニュースが飛び込んで来そうな気がします。その時初めて気づくのでは。

なるほど、あの時の事件は、これのための序章だったのね

と。NISSANも消えちゃうのかな…

重ねていいますが、あくまでも私見です。根拠はありません。

posted in マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード