カメラって、難しいのかなぁ。

5月 12, 2018

あ、もちろん『作品として仕上げる』クリエイティブな事は、非常に難しいです。あくまでも機械的な事ね。

今、仕事とかでも『撮影をする』という行為はよくありますよね。記録とか分析とかで。で、灯りのない暗いところで、機器の点検のための撮影をするって作業があるそうで。
高感度カメラではノイズが多くて使い物にならない~。どうすればいいんだ~と。

で、カメラのことなんていろいろパラメータがありすぎて、綺麗に撮影するにはどうすればいいんだかわからないんだって。で教えてあげました。

  • レンズの明るさ
  • シャッター速度
  • ISO感度

3つしかパラメータは無いと。で、暗いところで撮るのであれば、あとは2つの手段しかない。

  1. スピードライト撮影
  2. 手ブレ補正

どっちかじゃない?と。すると、どの機種を選んだら良いんだかわかんないんだって。なもんで、SONY α7S、OLIMPUS OM-D、Panasonic G9Proがいいよ。手ぶれ補正があって、小型軽量だから、と。
後は離れたところでリモート撮影するのはどうすれば良いんだ-と。WiFiでいいんじゃねーの?って言ったんだけど…だめなんかねぇ。

私からすると解決策なんていくらでもありそうだけど、こんぴーたのプログラムしか作ったこと無いうちのメンバーら門外漢だと、難しいもんなのかなぁ。
前の仕事のときもそうだったんだけどね。システムを構築するのって、いろんなモノを組み合わせてある目的を達成するシステムを作り上げるので、色んな技術の寄せ集めになるわけです。
コンピュータ、プログラム、ネットワーク、電源、映像音声機器とか。そういうものってさ。一見仕事に必要ないから無駄だと思って切り捨てるよりも、トリビアでも何でも良いから勉強しておくと、いつかどこかで役にたつもんだよねぇ。ほんと、ムダ知識なんてないんだなぁと改めて思う。最近カメラが趣味ということが、ある種強みになりつつある。SNSやインスタ等で取り上げられていることも一つ底上げのきっかけになってるんだろうなぁ。こういう事で、飯くえないかなぁ…そうすれば、こっちとしては左うちわで仕事が捗るんだけど。

posted in 写真 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード