PHP複数バージョンの共存

2月 11, 2018

当サイトの運営を始めて、早10数年。開設当時は、このXOOPSって、とってもメジャーなCMSでさ。頻繁にアップデートもされていたりしました。
が、すっかり人気も下火になり。アップデートもあまり行われなくなりました。さて、このXOOPSの動作要件は、PHP5以上。

以上ではあるが、上位互換を保証しているわけではない

今やPHPは7まで上がり、もうすぐ8も出ようかという所。

試しにPHPを7にアップデートしてみたら、このHP表示されない

さて、かたや、昨年から稼働を開始したNextCloud。こちらは頻繁にバージョンアップされてまして。「PHP5よりも7の方がアドバンテージ大きいよ。次バージョンではPHP5は捨てるよ」と言われてます。う~ん、困った!

さて、古いPHP5と新しいPHP7を、一つのWebサーバで共存出来ないかなーと。かなーと。この休み中考えた結果

出来ました♪

どう回避したかというと。

  • FastCGIで複数バージョンのPHPを起動する
  • 旧盤のPHPは、FPM版で、.htaccessを使用して個別にバージョン指定

という方法で回避しました。ε=( ̄。 ̄;)フゥ。なので、今うちのサーバでは、NextCloudはPHP7.1でモジュール版で稼働。本サイトは、FPMのPHP5.6で稼働させてます。設定の仕方については、別途御紹介していきますが、これで、オワコンなWebサービスでも、旧バージョンのPHPで活かす事ができそうなめどがつきました。複数PHPをFPMで稼働させりゃ良いんだよね。長年の課題だったので、解決して本当に良かったとです。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

posted in Gentoo Linux, コンピュータ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード