父親たちの星条旗・硫黄島からの手紙

5月 6, 2007

去年公開されて話題をさらったこの2本。第二次大戦の硫黄島攻防戦を、日米双方の視点から描いた2本ですが…

ん~、どうなんだろう…

どちらかというと、硫黄島からの手紙は戦争のせつなさというか、つらさというか。それを描いていたのですが、父親たちの星条旗の方は、戦争のばかばかしさというか、アメリカの汚さとかを描いているのですよ。それもたんたんと…
なんなんでしょうねぇ…ちょっと淡々としすぎて、ん~いまいち感情と言うか、なんか訴えるものがなかった気がするのですよねぇ…ちょっと映画としては残念…

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード