時が経てば経つほど…

12月 4, 2015

あらゆるものには、旬がある。
熟す前は酸っぱかったり、固かったり、味に棘があったり。総じてうまくない。
完全に熟すと、甘くなり、深みが増し、最も美味しい時期が来る。
完熟期を過ぎるとだんだん、だんだん腐ってゆき、最後は影も形もなくなる。

熟す前に落ちちゃう場合もあるけどね。

でも、ですよ。まさに口にした今が、いつでも最も美味しいものって、あるよね。

例えば、丁寧に熟成されたワイン
例えば、長時間熟成された熟成肉
例えば、正確に温度管理された発酵食品とか

これらは、時が経てば経つほど価値があがる。味がまろやかになり、円熟味が増す。つまり、いつ口にしたとしても、まさにその時が最高の瞬間なんだよね。

これらって、丁寧に温度管理され、いっぱい世話をすることで、まさに最高の状態を保ち、ゆっくり、ゆっくりと熟成されていくわけですよ。

何が言いたいかってーと。

人間も、同じだよね

腐っちまう奴もいれば(殆どの人間はこれだろうけどね)、いくつになっても、その時が彼(彼女)の最高の時って人もいる。

最も、人間の場合は、世話するのも、温度管理するのも、自分が自分自身に行わなければならない、ってことかな。

posted in マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード