大いなる勘違いを、正したい。

11月 8, 2015

よく言われるのです。
「まるおくんは独身かね。じゃあ気楽でいいねぇ。気を使わなくていいし。仕事にも集中できるね。どこ飛ばされても大丈夫だね。」

全ッ然ちげー

よく考えてみよう。一人暮らしということは、全てを自分でやらんとイカンのだよ。仕事も、家事も、事務手続きもなにもかも。誰も手伝ってくれんのだよ。掃除をしなきゃ、家はゴミ屋敷になるし、洗濯しなければ、着るものもなくなる。飯だって自炊しないといけないし。たとえ病気になっても、怪我したとしても、誰も助けてはくれん。自己管理も重要になるし、誰かに助けてもらおうと思ったら、金で解決するしか無い。

どこが仕事に集中できるのかと

小一時間問い詰めたい。そもそもさ。結婚って何のためにするのかって。その辺の負荷を、家族で分散するため、でしょ?
まぁ、子孫を残すという大前提はあるかもしれんけど、ただ子孫を残すだけなら、やることさえやれば、できる。が、子育ての手間、家事の手間、日々の糧を得るための手間、そして、命の危機を助けあって乗り切るという支えあい。これらを実現するために、わざわざ結婚という制度を用いて家族を持ち、助けあって生活していくわけですよねぇ…つまり

結婚したほうが、仕事に集中できる

んではないかい?本来はね?子育ての手間は大変かもしれん。んが、私はその手間と引き換えに、それ以外のリスクを全部一人で背負い込んでいるという事実を、世間はなかなか理解してくれん。そんなにみんな独身が羨ましければ、結婚なんて制度やめちまえばいいわけですよ。

ね?そう言われたら、そうはできないでしょ?一人で生きていくのって、なかなか大変なんだよ?分かってもらえる??つまり、結婚してる人は、仕事に費やせる時間が俺より多いはずなのに、俺よりアウトプット少ないやつって、一体…

posted in マイライフ, マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード