パンドラの箱を開けてしまったのか?

9月 27, 2015

各所で色んな声が上がってきます。
「ここにまるおさんがいないと作業が進みません」

  • 最終顧客との対応
  • 作業を請け負った請負元との対応
  • うちの開発メンバーの技術的対応
  • 社内各部署との調整
  • 品質管理
  • 購入手配

どうも、私がいないと上記のすべてが進まなくなってしまうらしい

すみませんが、私にも限界があって。上記のうち2つか多くて3つ(になってくるとかなりおろそかになってくるが)ぐらいしか対応できない。そしてね。今やってる仕事って、SI業務なので、とても技術範囲も調整範囲も広い。

  • 様々な機器購入に絡んで、業者との調整
  • 業務系ソフト開発
  • 通信系システム構築
  • 放送/映像配信系システム構築
  • ネットワーク構築
  • 上記の工事手配

それも、どれもこれもが回らないらしい。

俺がいないと、みんな木偶の坊なの??

ある人からいろいろと愚痴られたわけですよ。引っ張っていく立場のメンバー(係長クラス)の動きが悪いと、散々愚痴る。私は言ったわけだ。それをどうにか監督するのは課長クラスや部長クラスの役割であると。でも、そいつらもどうにもならないと言う。でも、私も手一杯になっていて、対応できないことも分かっていると。
「じゃあどうすればいい?」
いるメンバーで、どうにか回すしかないだろうと。つまり、係長クラスだけでどうにもならなければ、課長でも部長でもなんとかするんでしょと。結局そいつらが全部ダメってことなんだろう、と。係長を愚痴る前に、その上をなんとかせんとダメだとおいちゃんは思うわけです。

…確かに私が始めた仕事ではある。が、残念ながら私一人では全て背負えないぐらいの作業量、分野の広さがある。それを集団で補完しあうのが会社であると思うのだが、実情はそうではないらしい。多分部門長クラスにも、それをやり切るという覚悟もないんだろう。そんな会社を変えたいと願い、始めた事業なのだが、それにみんなは追いついて来れないらしい。開けてはいけないパンドラの箱だったのか、なぁ…

俺より経験値が高く、そしていろんな仕事を経験してきたはずの人たちがいっぱいいるはずなのに…誰の助けも得られず、俺一人で戦いに挑まないといけないのかなぁ…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード