ピュアオーディオな人たちへの商売は、詐欺としか思えない件

2月 25, 2015

「宇宙史上最も馬鹿げた製品」 ソニーの高音質microSDXCカードが海外でも酷評される
【ピュアオーディオ】 1メートル10万円の高音質LANケーブルが登場!

高音質を謳った製品はいろいろと聞きましたよ。ええ。HDD,USBケーブル、USBメモリとか…でもねぇ…10万円のLANケーブルとか詐欺だろうと。そして

ソニーよ、お前もか!

てのが衝撃です。もうね、音が良くなる理屈がわからない。
さて、ここで、かつてのピュアオーディオマニアがこだわってきた、高音質へのアプローチを、理屈で振り返ってみましょうか。
かつてのオーディオは、アナログステレオです。CDの音源のみがデジタルで、アンプへの信号もアナログ、アンプ内の増幅もアナログ、そしてスピーカーへの出力もアナログ。このアナログの信号は、ノイズや減衰に弱く、電磁波のノイズや回路自体の抵抗に大きく影響を受けて音質が変化します。このため、ポイントとなったことは、

  • ケーブル類の電磁シールドの強化
  • 抵抗が低い純金や無酸素銅等のケーブル導入

でした。こうすることで、ノイズ対策ができるので、確かに音が良くなるんです。はい。確かにそうでした。

さて、時は移ろい、デジタル・オーディオの世界になりました。今では、音源→再生機→アンプまで、大概デジタル接続です。LANケーブル、USBケーブル、HDMI、メモリなど。さて、ここでデジタル信号は劣化するのでしょうか。

劣化してはいけないんです。なぜか。音源とかも、今はPCのメモリが使われています。つまり、音声シグナルではなく、データそのもの。言うなれば、WordやExelのデータと一緒なんですよ。さて、ここで問題。WordやExelのデータが、自分のPCで作った場合と、メールで送った相手へのデータで、劣化していた、としましょ。

使い物にならんでしょ?

なので、データ類は、化けてはいけないので100%データ保証されることが約束されているわけです。もうこれは揺るぎようのない事実です。
さて、ここでオーディオの世界に戻って。音質はどこで劣化するか、思い出して下さい。アナログ信号が劣化するのです。じゃあ、デジタル・オーディオの世界でのアナログ部分とは、どこか??

アンプ→スピーカーの音を再生する部分です。さてさてさて。アンプへの入力までが、デジタルで接続されていたとすると、アンプまでは劣化はありません。音質の劣化部は、アンプ内のデジタル→アナログ変換部から、スピーカーへの道筋です。つまり、ここだけ、強力に強化してやれば、基本はいい音がする「ハズ」です。
つまり、デジタルオーディオのキモは

  • 音源の再生機→アンプまでは、クズでいい。デジタル伝送&変換がきちんとなされていれば。
  • アンプ→スピーカーケーブル→スピーカーは、お金をかけていいモノを買おう

なんですよ。分かって頂けます?アナログ回路部分にお金をかけるべき、なんです。ここがクズなら、あとどこに金かけても無意味です。逆にここにさえ金かけていれば、その他はくっそ安くても問題ありません。
さて、アナログ回路で最大のノイズは、高周波ノイズです。高周波とは、すごく高い周波数帯の電磁波ね。XXXMHzとか、XXXGHzとか。聞いたことあるよねぇ。PCとかの動作信号ってのは、物凄いノイズ源なのです。
デジタルオーディオのデジタル回路は、実はアナログ回路にとっては、ノイズ源でしかないのです。なので、このノイズをきっちり遮断してくれる回路設計でないと意味が無い。ここが、高いアンプ、ケーブル、スピーカと、数千円~数万円で売っているアンプ、ケーブル、スピーカセットとの大きな違いなのです。

で、ここで元に戻る。

LANケーブルや、MicroSDごときが発生する電磁ノイズは、アンプ内に内蔵されているデジタル回路が発する電磁波から比べたら屁みたいなもん。
そんなものを交換するだけで音が変わるような陳腐なノイズシールドのアナログ回路は、元々ノイズに弱いということなので、

要は、アンプ、スピーカ、スピーカケーブルを替えて、ノイズの影響を受けないようにしなさい

て、事なんですよねぇ…

そういう世界だから、私もデジタル化した所で、ピュアオーディオから足を洗ったのに…まだ昔にすがりつく人たちもいるんですねぇ…(;´д`)トホホ

posted in マイライフ, 音楽 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

3 Comments to "ピュアオーディオな人たちへの商売は、詐欺としか思えない件"

  1. wrote:

    >アナログ回路で最大のノイズは、高周波ノイズです。高周波とは、すごく高い周波数帯の電磁波ね。
    >XXXMHzとか、XXXGHzとか。聞いたことあるよねぇ。
    >PCとかの動作信号ってのは、物凄いノイズ源なのです。

    そもそもCPUなどの動作周波数であるMHz〜GHzのノイズが数Hz〜20KHzの音声周波数に影響を与える事は全くないですよ
    文字通り桁が全く違いますので

  2. maruo wrote:

    Mhz/GHzの信号が直接音に悪さをするというよりも、発生する電磁波でアナログ回路が影響を受ける、という方が正しいですね。
    あと、コンピュータの信号は矩形波なので、超低周波から高周波までのすべての正弦波周波数成分を含んでいるのです。インパルス応答と言うやつですね。
    インパルス応答で一番わかり易いのは、雷の音。瞬間的に空気を切り裂くので、高い音から低い音まですべてが含まれてますよね。あれと同じことが、電磁波で起きてるんですね。

  3. 立花 漫湖 wrote:

    官房長官の菅さんにチクって怪しいオーディオ製品を取り締まっていただきましょう!

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード