航空観閲式を見てきた

10月 28, 2014

_DSC1948_F9_500mm_ISO100_S0.001

先日、航空観閲式が行われました。それを見て参ったとです~。
私、前回航空観閲式を見た時は、T-2ブルー引退の年。唯一一般公開され、T-2,T-4両ブルーの夢の共演でした。それ以来、一般公開はされてなかったわけですが、今年は、運良く招待券をゲット出来まして、行って参ったとですよ。

今年の目玉は、XC-2の試験飛行と、ミッシングマンフォーメーションかなー。実は、私すごく期待していたのです。と、いうのも、前回みた時は、超すごかったのよ。
航空自衛隊装備各機の観閲飛行に始まり、総理大臣によるF-15のスクランブル(パイロットが乗り込むところからの)、離陸してからの機動飛行、204空(当時)による大編隊によるフライパス、大編隊参加各機の一斉帰投(戦闘管制バージョン)、RF-4Eによる強行偵察デモ(地上からは高射砲をバラ撒きながらの攻撃、RF-4Eはフレアをバラ撒きながらの超低空偵察)、そしてT-4のフル演技、T-2のラストミッションと盛りだくさんだっただよなー。

さて、今年はどうか。観閲飛行、地上滑走、スクランブルデモ(と言っても離陸するだけだけど)、機動飛行、RF-4Eの偵察デモ、
XC-2の試験飛行、そしてT-4ブルー(短縮バージョン)でございました。ちょっとあっさりだったかな-。

おいちゃんはね、おいちゃんはね…

戦闘管制とフレアをばらまくRF-4Eが見たかったのよ!

自衛隊の航空ショーで、ほぼ音速で突っ込んでくるF-15ってみたことあるかい?音が違うんだよ。機体は見えるけど音がしないんだよ。何故音がしない?って思ってて頭上を通り過ぎる瞬間『キュウォーン』ってF-15が吠えるんだよ。超高音で。そんなF-15がありとあらゆる方角から、5秒間隔位で百里飛行場めがけて飛んでくるわけだ。何が起きている??って混乱しつつ、空を見上げると、そいつらが整然と1列に並んで着陸パターンに入ってるの。全ての航空機が集まってきている飛行場上空に音速で突っ込んでくるF-15パイロットの度胸と、そいつら10数機を見事に制御して一列に整列させる管制官のテクニック。お互いが信頼しあってないと出来ない技なんですよ。
そしてさ、高度10mの超低空をを高速で駆け抜けながら、フレアをばら撒くF-4のど迫力は、見た者でないと分からんですよ。

あぁ~!!せっかくの観閲式なわけだから、ド派手に魅せて欲しかったなぁぁぁ!!

でも、ゆったりと見れたので、それはそれでよかったかなー、なんて。是非、次は!いろんな部隊のスゴワザが見られるような観閲式をやってほしいなぁ♪

posted in マイライフ, 写真, 飛行機 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード