街中って、写真撮れないの?

9月 5, 2014


「着衣の全身撮影」で逮捕 不用意に女性を撮影してはいけない

全身着衣の女性を撮影しただけで、逮捕。うーん…
写真を趣味にしている人の間では、かなり話題となっている問題です。

以前から、見ず知らずの人を撮影した場合、肖像権の侵害、プライバシーの侵害になるのかどうか?という問題は、以前から話題には上がりましたが、

  • 「肖像権」なる権利は、存在しない。そもそも顔自体に利益がある人間は、芸能人などのごく一部に限られているため、「顔」そのものが利益を生み出すものではないから
  • ほとんどの人は、何の情報もなく出てきた「顔」=個人情報に直結する段階でないので、現時点ではスナップに写った位では、プライバシー問題にはならない

という、法律判断もあり、「偶然写った個人」については、まず問題にならないはず。

じゃあ問題なのは…明らかにある個人を写した写真。例えば、街を歩いていたら、綺麗な、絵になるおねーさんがいた。このおねーさんのバストアップのポートレートを撮りました。の後の話、だと思われる。

  • プロのモデルさんならば、金銭/契約で合意がなされていれば、問題ではない
  • 特定の個人でも、撮影/作品への使用に対する合意がなされていれば、問題ではない

まぁ、平たく言えば、撮られた本人が不快に思う行為が行われていて、なおかつ当局に訴えでれば問題になるわけで、双方納得ずくであれば問題無いわけです。

さて、さらにこの先。

  1. 「撮らせて下さい」と合意を頂き、撮影し、作品に使用した
  2. 本人の認識なしに撮った後、「撮らせていただきました」と合意を頂き、作品に使用した
  3. 本人の合意が得られなかったので、破棄した
  4. 本人の認識なしに撮影し、許可を得なかった(そのまま通りすぎてしまい、許可得られなかった)が、そのまま作品に使用した
  5. 本人が合意していないまま撮影し、作品への使用も合意されなかったのに、作品に使用した

これらのなかで、1,2,3は問題では無いと思う。4,5のケースですよね。これをやっては行けないのだろうな。と、すると。

街角でのスナップで、「人」をテーマにする場合は、必ず声掛けが必要になる

と、言う事だな…益々街スナップのハードルが上がることになるが…まぁ、問題になるよりはいいんだろうな…撮らせて欲しい場合は声を掛け、撮った作品を確認してもらい、モアベターならば名刺ぐらい交換する、位やらんとイカンのだろうなぁ…
アマチュア写真家だとしても、写真を撮るという行為は、非常に難しいんだねぇ…

一部のマナーを心得ない連中のために、いちいちやりづらくなるのは、真摯に趣味に勤しんでいるこっちからすると、迷惑千万なのである

益々やりづらい世の中になっていくなぁ…てか

記事中、「女性」限定なのも意味分かんないけどな(爆)

posted in マイライフ, 写真 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード