自宅で内線電話を構築しよっかな

8月 20, 2014

久しぶりにおもちゃを見つけたぜ!

それは、Asterisk。Linuxサーバで構築できる、PBXソフト。SIPサーバとして使用した場合、

スマートフォンを内線電話として使用できる!

つまり、複数のユーザの電話を内線として使用でき、なおかつSIPを用いているIP電話のゲートウェイとして使用できる。何が出来るかっつ~と~

自宅電話を出先で受けられる!

しかも、サーバに登録しているスマートフォン全部で取れると言うわけ。また、IP電話を、複数スマートフォンで共有出来る。ヤヴァイ。これ便利じゃん。
今、うちの構成では

  • 自宅据え付けのIP電話
  • 050plusのIP電話契約
  • 携帯の契約

と、3種類の電話番号を使用しているのですが、IP電話一つにして、自宅電話と共用できるなー。ついでに、使ってない動画ストリーミングサービスも解約しちまおっかな。するってと、月々4000円位浮く計算。SIPアダプタ(約2000円)を購入すれば、自宅の固定電話も接続できるし、チョー便利じゃん。

よぉ~し、久しぶりにサーバいじりすっかな!

楽しみ、楽しみぃ~
楽しみぃ~。

posted in Gentoo Linux, コンピュータ, マイサーバー by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード